Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

26.2. kdump サービスの設定

kdump サービスには以下の一般的な設定方法 3 つ があります。初回ブート時の設定、カーネルダンプの設定 グラフィカルユーティリティを使用した設定、コマンドラインで手動での設定です。

重要

Intel IOMMU ドライバーの現行の実装における制限が原因で、kdump サービスによるコアダンプイメージのキャプチャーが時折妨げられることがあります。Intel アーキテクチャーで kdump を確実に使用するには、IOMMU サポートを無効にすることを推奨します。

26.2.1. 初回ブート時の kdump の設定

システムの初回ブート時には、firstboot アプリケーションが起動し、新たにインストールしたシステムの初期設定を通してユーザーをガイドします。kdump を設定するには、Kdump セクションに進み、以下の手順にしたがいます。

重要

システムに十分なメモリーがなければ、このオプションは使用できません。最小のメモリー要件については、Red Hat Enterprise Linux Technology capabilities and limits comparison chart (バージョン比較) の 『Required minimums (最小メモリ容量)』 のセクションを参照して下さい。kdump クラッシュリカバリが有効化されている場合、最小のメモリー要件は、クラッシュリカバリに確保されているメモリー容量の分が増えます。この値はユーザーによって決定され、デフォルトでは 128 MB に物理メモリー 1 TB ごとに 64 MB を加えたものとなります (つまり、物理メモリーが 1 TB のシステムでは、合計 192 MB になります) 。

26.2.1.1. サービスの有効化

ブート時に kdump デーモンを起動可能にするには、Enable kdump? (kdump を有効にする) のチェックボックスにチェックマークを付けます。これにより、ランレベル 2345 に対してサービスが有効となり、現行セッションで起動されます。同様に、このチェックボックスのチェックマークを外すと、サービスがすべてのランレベルに対して無効となり、直ちに停止されます。

26.2.1.2. メモリー使用量の設定

kdump カーネル用に確保するメモリー容量を設定するには、Kdump メモリ フィールドの横にある上向き/下向きの矢印をクリックして値を増減します。この値に応じて 使用可能なシステムメモリ フィールドが変わり、システムが使用可能な残りのメモリ容量が表示される点に注意して下さい。