Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

24.6.3. YABOOT ブートローダーの設定

IBM eServer System p はブートローダーとして YABOOT を使用します。YABOOT は /etc/aboot.conf を設定ファイルとして使用します。このファイルが、インストールしたばかりの kernel パッケージと同じバージョンの image セクションを含んでいることを確認します。initramfs イメージにも同じチェックをします:
boot=/dev/sda1 init-message=Welcome to Red Hat Enterprise Linux! Hit <TAB> for boot options
partition=2 timeout=30 install=/usr/lib/yaboot/yaboot delay=10 nonvram
image=/vmlinuz-2.6.32-17.EL
	 label=old
	 read-only
	 initrd=/initramfs-2.6.32-17.EL.img
	 append="root=LABEL=/"
image=/vmlinuz-2.6.32-19.EL
	 label=linux
	 read-only
	 initrd=/initramfs-2.6.32-19.EL.img
	 append="root=LABEL=/"
デフォルトは新しいカーネルにセットされていないことに注意して下さい。最初のイメージ内のカーネルがデフォルトでブートされます。ブートするカーネルを変更するには、イメージスタンザを一覧の最初になるように移動するか、または指示文 default を追加して、それを新しいカーネルを含んでいるイメージスタンザの label にセットします。
新しいカーネルのテストとして、コンピュータを再起動してハードウェアが正常に検出されたことを確認できるメッセージを見付けます。