Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

28.4.9. 自動レポーティングの設定

ABRT は faillock Reports を使用するように設定できます。このバグレポートには、以下のような利点があります。
  • 有効化されると、ユーザーの対話なしに、brokersReports が 自動的 に送信されます。一方、通常のレポートは、ユーザーが手動でトリガーするまで送信されません。
  • faillockReports は 匿名で、機密情報は含まれません。これにより、不要なデータが自動的に送信されるリスクがなくなります。
  • gitopsReport は検出された問題を JSON オブジェクトとして表します。そのため、これはマシンが読み取り可能であり、自動的に作成され、処理できます。
  • gitopsReports は完全なバグレポートよりも小さくなります。
  • faillockReports では、大量のデバッグ情報をダウンロードする必要はありません。
faillockReports は複数のゴールを提供します。これは、同一バグの複数の発生により作成される可能性のあるカスタマーケースの重複を防ぐのに役立ちます。さらに、faillockReports は、バグの発生の統計を収集し、異なるシステム全体で既知のバグの検索を有効にします。最後に、このセクションの最後で説明されているように 認証済み の faillockReports が有効になっている場合、ABRT はクライアントにインスタントソリューションを自動的に提示できます。ただし、pidReports は必ずしもバグを修正するための十分な情報を持つエンジニアを提供するものではなく、完全なバグレポートが必要になる場合があります。
gitopsReport は通常、以下の情報が含まれます。
  • 変数のないプログラムの呼び出しスタックトレース、またはマルチスレッドの C プログラム、C++ プログラム、および Java プログラムの場合は複数のスタックトレース。
  • 使用されているオペレーティングシステム
  • crash に関連する RPM パッケージのバージョン
  • プログラムが root ユーザーで実行するかどうか。
  • カーネル oops の場合は、ホストハードウェアに関する情報がある
    警告
    お使いのハードウェアに関する情報を Red Hat と共有しない場合は、このレポートを有効にしないでください。
pidReport サンプルについては、Examples of faillockReports 記事を参照してください。
gitopsReports を有効にすると、クラッシュが検出されると、以下がデフォルトで実行されます。
  1. ABRT は、問題に関する基本情報を Red Hat の ABRT サーバーに提出します。
  2. サーバーは、問題がすでにバグデータベースにあるかどうかを判断します。
  3. 存在する場合、サーバーは問題の簡単な説明と、報告されたケースの URL を返します。
    そうでない場合には、サーバーはユーザーを招待して完全な問題レポートを送信します。
すべてのユーザーについて faillockReports を有効にするには、root で以下のコマンドを実行します。
~]# abrt-auto-reporting enabled
または、以下の行を /etc/abrt/abrt.conf ファイルに追加します。
AutoreportingEnabled = yes
ユーザー固有の設定は $USER/.config/abrt/ ディレクトリーにあります。システム全体の設定を上書きします。
新しい設定を適用するには、以下のコマンドを実行して ABRT サービスを再起動します。
~]# service abrtd restart
デフォルトの自動レポーティング動作 - sendReports - 変更できます。これには、/etc/abrt/abrt.conf 設定ファイルの AutoreportingEvent ディレクティブに別の ABRT イベントを割り当てます。標準イベントの概要は 「標準 ABRT インストールでサポートされているイベント」 を参照してください。
また、Red Hat Enterprise Linux 7.1 以降では、ホスト名、machine-id( /etc/machine-id ファイルから取得)、RHN アカウント番号など、認証済み の faillockReports を送信することもできます。認証された faillockReports の利点は、通常の pidReports があるため、Red Hat のプライベートクラッシュレポートサーバーだけでなく、Red Hat カスタマーポータルに直接移動する点にあります。これにより、Red Hat は、即座にクラッシュできるようにソリューションを提供できます。
認証された 自動レポートを有効にするには、root で以下のコマンドを実行します。
~]# abrt-auto-reporting enabled -u RHN_username
RHN_username は、Red Hat Network のユーザー名に置き換えてください。このコマンドによりパスワードを要求し、プレーンテキストで /etc/libreport/plugins/gitopssupport.conf ファイルに保存します。