第7章 PackageKit

Red Hat は、システムと互換性があるパッケージを表示、管理、更新、インストール、アンインストールする PackageKit を提供しています。PackageKit は数種類のグラフィカルインターフェースで構成されおり、これは GNOME パネルメニューまたは利用可能な更新を PackageKit が警告する際に表示される通知スペースから開くことができます。PackageKit のアーキテクチャと利用可能なフロントエンドの詳細は 「PackageKit アーキテクチャ」 を参照してください。

7.1. ソフトウェア更新を使ったパッケージ更新

PackageKit は、システムにインストールできる更新があるといつでも通知スペースに星形のアイコンを表示します。
通知スペースにある PackageKit のアイコン

図7.1 通知スペースにある PackageKit のアイコン

通知アイコンをクリックすると、Software Update (ソフトウェア更新) ウィンドウが開きます。別の方法として、GNOME パネルから システム管理ソフトウェア更新 の順にクリックするか、シェルプロンプトで gpk-update-viewer コマンドを実行しても同様に ソフトウェア更新 を開くことができます。ソフトウェア更新 ウィンドウでは、更新されるパッケージの名前 (.rpm の接尾辞なし、ただし CPU アーキテクチャは含む) 、パッケージの簡単なサマリ、及び通常は更新に伴う変更の簡単な説明と併せて、すべての利用可能な更新が表示されています。インストールしたくない更新がある場合は、該当する更新のチェックボックスからチェックマークを外してください。
ソフトウェア更新を使用した更新のインストール

図7.2 ソフトウェア更新を使用した更新のインストール

ソフトウェア更新 ウィンドウに提示された更新は、システムに現在インスト-ルされているパッケージの内、更新が利用できるものだけを示しています。これらのパッケージの依存関係、及びシステム上のパッケージが既存のものか、あるいは新規のものかは Install Updates (更新のインスト-ル) をクリックするまで表示されません。
ユーザーが PackageKit に対してシステムへの変更を要求すると、 PackageKit は PolicyKit ツールキットが提供するきめの細かいユーザー認証機能を活用します。PackageKit にパッケージの更新、インスト-ル、あるいは削除を指示すると、システムに変更を加える前にスーパーユーザーのパスワード入力を要求されます。
PackageKit に kernel パッケージの更新を指示すると、インストール後にシステムを再起動して新しくインストールされたカーネルでのブートを希望するか確認します。

更新の確認頻度の設定

PackageKit の通知スペースのアイコンを右クリックして、詳細設定 をクリックすると、ソフトウェア更新の詳細設定 ウィンドウが開きます。そこでは、PackageKit のパッケージ更新の確認頻度や自動的にインストールするのすべての更新か、またはセキュリティの更新だけかも定義することができます。モバイルブロードバンド使用時に更新を確認する のボックスのチェックマークを外すと、ダウンロードしたデータ量で課金されるワイヤレス接続を使用している時に無関係な帯域幅の使用を回避できるので便利です。
PackageKit の更新の確認頻度の設定

図7.3 PackageKit の更新の確認頻度の設定