Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.7.4. RELP の使用

Reliable Event Logging Protocol (RELP) は、コンピューターネットワークにおけるデータロギング用のネットワーキングプロトコルです。信頼性のあるイベントメッセージの配信を提供するように設計されています。これは、メッセージ損失が許されない環境で便利なものです。
RELP を設定するには、まずサーバーとクライアントの両方で rsyslog-relp パッケージをインストールします。
~]# yum install rsyslog-relp
次に、サーバーとクライアントの両方を設定します。
  1. クライアントを設定するには、以下を設定します。
    • 必要なモジュールの読み込み
    • TCP 入力ポート
    • トランスポート設定
    以下の設定を /etc/rsyslog.conf ファイルに追加します。
    $ModLoad omrelp
    $ModLoad imuxsock
    $ModLoad imtcp
    $InputTCPServerRun "port"
    *.*  :omrelp:"target_IP":"target_port"
    port を、必要なポートでリスナーを開始します。
    target_IP および target_port をターゲットサーバーを識別する IP アドレスとポートに置き換えます。
  2. サーバーを設定するには、以下を実行します。
    • モジュールの読み込みの設定
    • クライアント設定と同様の TCP 入力を設定します。
    • ルールを設定し、実行するアクションを選択します。
    以下の設定を /etc/rsyslog.conf ファイルに追加します。
    $ModLoad imuxsock
    $ModLoad imrelp
    $RuleSet relp
    *.*		 "log_path"
    $InputRELPServerBindRuleset relp
    $InputRELPServerRun "target_port"
    target_port をクライアントと同じ値に置き換えます。
    上記の例では、log_path はメッセージを保存するためのパスを指定します。