Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.2.29. SSSD のダウングレード

ダウングレード時 — SSSD のバージョンをダウングレードするか、オペレーティングシステム自体をダウングレードする場合、既存の SSSD キャッシュを削除する必要があります。キャッシュが削除されないと、SSSDプロセスは停止しますが、PIDファイルは残ります。SSSD ログは、キャッシュバージョンが認識されないため、関連付けられたドメインのいずれかに接続できないことを示します。
(Wed Nov 28 21:25:50 2012) [sssd] [sysdb_domain_init_internal] (0x0010): Unknown DB version [0.14], expected [0.10] for domain AD!
その後、ユーザーは認識されなくなり、ドメインサービスおよびホストに対して認証できなくなります。
SSSD バージョンをダウングレードしてから以下を行います。
  1. 既存のキャッシュデータベースファイルを削除します。
    ~]# rm -rf /var/lib/sss/db/*
  2. SSSD プロセスを再起動します。
    ~]# service sssd restart
    Stopping sssd:                                             [FAILED]
    Starting sssd:                                             [  OK  ]