Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

E.3.11. /proc/tty/

このディレクトリには、システム上で使用可能及び現在使用中の tty devices についての情報が格納されています。これは、元々は teletype devices と呼ばれていました。文字ベースのデータターミナルはいずれも tty デバイスと呼ばれます。
Linux では、3 つの異なる tty デバイスがあります。シリアルデバイス は、モデムやシリアルケーブルを使用したシリアル接続で使用されるデバイスです。仮想ターミナル は、システムコンソールで Alt+<F-key> を押すと使用可能な仮想コンソールなど、共通のコンソール接続を作成します。擬似ターミナル は、XFree86 などの、一部のハイレベルアプリケーションで使用される双方向通信を構築します。drivers ファイルは、現在使用中の tty デバイス一覧で、以下の例のような内容が記載されています:
serial               /dev/cua        5  64-127 serial:callout
serial               /dev/ttyS       4  64-127 serial
pty_slave            /dev/pts      136   0-255 pty:slave
pty_master           /dev/ptm      128   0-255 pty:master
pty_slave            /dev/ttyp       3   0-255 pty:slave
pty_master           /dev/pty        2   0-255 pty:master
/dev/vc/0            /dev/vc/0       4       0 system:vtmaster
/dev/ptmx            /dev/ptmx       5       2 system
/dev/console         /dev/console    5       1 system:console
/dev/tty             /dev/tty        5       0 system:/dev/tty
unknown              /dev/vc/%d      4    1-63 console
/proc/tty/driver/serial ファイルは、各シリアル tty 回線の使用率の統計とステータスを示します。
tty デバイスをネットワークデバイスとして使用するために、Linux カーネルは デバイスに対して 回線規範 を強制します。これによりドライバーは、そのデバイス上で転送される各データブロックに特定タイプのヘッダーを配置することができるため、通信のリモート側は一つのデータブロクを複数のデータブロックからなるストリームの中の単なる一つのとして扱うことが可能となります。 SLIP および PPP は一般的な回線規範で、いずれも、シリアルリンクを介したシステム間の接続に広く利用されます。