Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第11章 Network Interfaces

Red Hat Enterprise Linuxnbsp;Hat Enterprise Linuxnbsp;Linux では、すべてのネットワーク通信は、設定されているソフトウェア インターフェース と、システムに接続されている 物理ネットワークデバイス の間で行われます。
ネットワークインターフェースの設定ファイルは /etc/sysconfig/network-scripts/ ディレクトリーにあります。これらのネットワークインターフェースをアクティベートおよび非アクティブにするために使用するスクリプトもここにあります。インターフェースファイルの数と種類はシステムによって異なりますが、このディレクトリーに存在するファイルにはカテゴリーが 3 つあります。
  1. インターフェース設定ファイル
  2. インターフェース制御スクリプト
  3. ネットワーク関数ファイル
各カテゴリーのファイルは一緒に機能し、さまざまなネットワークデバイスを有効にします。
本章では、これらのファイル間の関係と、その使用方法について説明します。

11.1. ネットワーク設定ファイル

インターフェース設定ファイルに移動する前に、まずネットワーク設定で使用される主な設定ファイルを項目にします。ネットワークスタックのセットアップでこれらのファイルの役割を理解することは、Red Hat Enterprise Linuxnbsp;Hat Enterprise Linuxnbsp;Linux システムをカスタマイズする際に役立ちます。
主要なネットワーク設定ファイルは以下のとおりです。
/etc/hosts
このファイルの主な目的は、他の方法で解決できないホスト名を解決することです。DNS サーバーを使用しない小ネットワーク上のホスト名を解決することもできます。コンピューターが置かれるネットワークのタイプにかかわらず、このファイルには localhost.localdomain としてループバックデバイスの IP アドレス(127.0.0.1)を指定する行が含まれている必要があります。詳細は、Hosts (5)man ページ を参照してください。
/etc/resolv.conf
このファイルは、DNS サーバーの IP アドレスと検索ドメインを指定します。特に設定しない限り、ネットワークの初期化スクリプトにこのファイルが設定されます。このファイルの詳細は、resolv.conf(5) man ページを参照してください。
/etc/sysconfig/network
このファイルは、すべてのネットワークインターフェースのルーティングおよびホスト情報を指定します。これは、インターフェース固有ではなく、グローバルな効果を持つディレクティブを含めるために使用されます。このファイルおよび許可されるディレクティブの詳細は、「/etc/sysconfig/network」 を参照してください。
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-interface-name
ネットワークインターフェースごとに、対応するインターフェース設定スクリプトがあります。これらの各ファイルは、特定のネットワークインターフェースに固有の情報を提供します。このタイプのファイルおよび受け入れ可能なディレクティブの詳細については、「インターフェース設定ファイル」 を参照してください。
ネットワークインターフェース名
ネットワークインターフェース名は、ハードウェアタイプごとに異なる可能性があります。詳細は、付録A ネットワークデバイス命名における一貫性 を参照してください。
/etc/sysconfig/networking/ ディレクトリー
/etc/sysconfig/networking/ ディレクトリーは、現在非推奨になった Network Administration Tool (system-config-network)によって使用されます。そのコンテンツは手動で編集し ない でください。設定を削除するリスクがあるため、ネットワーク設定に 1 つだけ使用することが強く推奨されます。グラフィカル設定ツールを使用したネットワークインターフェースの設定に関する詳細は、10章NetworkManager を参照してください。

11.1.1. ホスト名の設定

静的ホスト名を永続的に変更するには、/etc/sysconfig/network ファイルの HOSTNAME ディレクティブを変更します。以下に例を示します。
HOSTNAME=penguin.example.com
Red Hat では、静的ホスト名は、host.example.com などの DNS のマシンに使用される 完全修飾ドメイン名 (FQDN)と一致することを推奨しています。また、静的なホスト名は、小文字の 7 ビット ASCII のみで構成されており、スペースやドットはなく、DNS ドメイン名ラベルで許可されている形式に制限することが推奨されます。ただし、これは厳密な要件ではありません。従来の仕様ではアンダースコアは禁止されているので、この使用も推奨されません。変更は、ネットワークサービスまたはシステムが再起動されている場合にのみ有効になります。
ホストの FQDN は、/etc/sysconfig/network の設定、または /etc/hosts ファイルにより DNS リゾルバーで提供できることに注意してください。/etc/nsswitch.conf における hosts: files dns のデフォルト設定により、リゾルバーの前に設定ファイルが確認されます。/etc/host.conf ファイルの multi on のデフォルト設定は、最初にではなく、/etc/hosts ファイル内のすべての有効な値が返されることを意味します。
システムの起動時に DNS が実行されていない場合など、/etc/sysconfig/network の HOSTNAME ディレクティブの代わりに、/etc/hosts ファイルでホストテーブルを使用する必要がある場合があります。
/etc/hosts ファイルを使用してホスト名を変更するには、次の形式で行を追加します。
192.168.1.2 penguin.example.com penguin