12.2.2. OpenSSH サーバーの起動

OpenSSH サーバーを実行するには、openssh-server および openssh パッケージがインストールされている必要があります (Red Hat Enterprise Linux 6 に新規パッケージをインストールする方法については 「パッケージのインストール」 を参照してください)。
sshd デーモンを起動するには、シェルプロンプトで以下のコマンドを入力します:
~]# service sshd start
実行中の sshd デーモンを停止するには、以下のコマンドを使用します:
~]# service sshd stop
ブート時にデーモンが自動的に起動するよう設定するには、以下のコマンドを入力します:
~]# chkconfig sshd on
これにより、全ランレベルでサービスが有効になります。さらなる設定オプションについては、10章サービスとデーモン に記載されているサービスの管理方法に関する詳しい情報を参照して下さい。
システムを再インストールすると、新しい識別鍵のセットが作成される点に注意して下さい。そのため、再インストールの前にいずれかの OpenSSH ツールを使用してシステムに接続したことがあるクライアントには、以下のようなメッセージが表示されます:
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that the RSA host key has just been changed.
これを防ぐには、/etc/ssh/ ディレクトリから関連ファイルをバックアップしておくと (全一覧は 表12.1「システム全体の設定ファイル」 を参照)、システムを再インストールする時にはいつでも復元できます。