Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.4.2. 新規ユーザーのグループへの割り当て

useradd コマンドは、新しいユーザーがシステムに追加され、ユーザーの名前の後にグループに名前を付けるたびに、ユーザー プライベート グループ(UPG、ユーザーのみが属するユーザーアカウントに割り当てられたグループ)を作成します。たとえば、アカウントの robert が作成されると、robert という名前の UPG が同時に作成されます。そのメンバーは、ユーザー robert だけです。
何らかの理由でユーザープライベートグループ を作成し たくない場合は、useradd コマンドに以下のオプションを付けて実行します。
useradd -N username
UPG を自動的に作成したり、何も作成したりするのではなく、-g オプションおよび -G オプションでユーザーのグループメンバーシップを指定できます。-g オプションはプライマリーグループメンバーシップを指定しますが、-G はユーザーも含まれる補助グループを参照します。指定するグループ名がシステムにすでに存在している必要があります。

例3.7 グループへのユーザーの追加

~]# useradd -g "friends" -G "family,schoolmates" emily
useradd -g "friends" -G "family,schoolmates" emily コマンドは、ユーザーを作成しますが、's primary group は、-g オプションで指定したように friends に設定されます。Emily は、 補助グループ ファミリー授業におけるグループメンバーでもあります
ユーザーがすでに存在し、特定の補助グループに追加する場合は、-G オプションを指定して usermod コマンドを使用し、コンマで区切られたグループの一覧(スペースなし)を使用します。
usermod -G group_1,group_2,group_3