6.2.5. パッケージの削除

パッケージのインストールと同様に、Yum を使用すると個々のパッケージとパッケージグループの両方をアンインストールすることができます (RPM と Yum 用語では remove に該当)。

個々のパッケージの削除

特定のパッケージとそれに依存するすべてのパッケージをアンインストールするには、root で以下のコマンドを実行して下さい:
yum remove package_name
複数のパッケージをインストールする場合と同様に、コマンドに複数のパッケージ名を追加することで一度に複数のパッケージを削除することができます。例えば、totemrhythmboxsound-juicer を削除するには、シェルプロンプトで以下のように入力します:
~]# yum remove totem rhythmbox sound-juicer
install と同じように、remove は以下の引数を取ることができます。
  • パッケージ名
  • glob 表現
  • ファイル一覧
  • パッケージが提供する機能

警告

Yum では、パッケージに依存しているパッケージを削除することなくそのパッケージを削除することはできません。こうした動作は RPM のみ実行でき、推奨されません。システムが機能しなくなる、またはアプリケーションに誤作動/クラッシュが生じる恐れがあるためです。詳細については、RPM の章の 「アンインストール」 を参照して下さい。

パッケージグループの削除

install 構文と同じ形の構文を使用してパッケージグループを削除することができます:
yum groupremove group
yum remove @group
以下は、KDE Desktop グループの削除を同等の別の方法で示しています:
~]# yum groupremove "KDE Desktop"
~]# yum groupremove kde-desktop
~]# yum remove @kde-desktop

重要

yum にパッケージグループを削除するよう伝えると、yum はそれらのパッケージが他のパッケージグループのメンバーまたは他のインストール済みのパッケージの依存関係であったとしても、そのパッケージグループ内にある全パッケージを削除します。ただし、yum に他のパッケージやグループから必要ないパッケージのみを削除するよう伝えたい場合は、/etc/yum.conf 設定ファイルの [main] セクションに groupremove_leaf_only=1 指示文を追加します。この指示文の詳細については 「[main] オプションの設定」 を参照して下さい。