Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.4.5. カーネルパニックを検出する ABRT の設定

Red Hat Enterprise Linux 6.3 では、ABRTabrt-addon-vmcore パッケージが提供する abrt-vmcore サービスを使ってカーネルパニックを検出できます。このサービスはシステム起動時に自動的にスタートし、/var/crash/ ディレクトリのコアダンプファイルを検索します。コアダンプファイルが見つかると、abrt-vmcore/var/spool/abrt/ ディレクトリに problem data directory を作成し、コアダンプファイルをこの新規作成の problem data directory に移動します。/var/crash/ ディレクトリの検索が終わると、サービスは次のシステム起動時まで停止します。
ABRT がカーネルパニックを検出するように設定するには、以下のステップを実行します。
  1. kdump サービスがシステム上で有効になっていることを確認します。特に、kdump カーネル用に確保されたメモリー容量が正しく設定されている必要があります。この設定は、 system-config-kdump の使用または、/etc/grub.conf 設定ファイルにあるカーネルオプション一覧の crashkernel パラメーターを特定することで出来ます。kdump の有効化と設定の詳細については 26章kdump クラッシュリカバリーサービス を参照してください。
  2. Yumパッケージインストーラーを使って abrt-addon-vmcore パッケージをインストーラーします。
    ~]# yum install abrt-addon-vmcore
    これで各サポートおよび設定ファイルとともに abrt-vmcore サービスがインストールされます。
  3. 変更を有効にするためにシステムを再起動します。
ABRT が異なる設定になっている場合を除き、検出されたカーネルパニックの問題データは /var/spool/abrt/ ディレクトリに保存され、検出された他のカーネル oops と同様に ABRT による処理が可能になります。