Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

C.2. デスクトップ環境とウィンドウマネージャー

X サーバーが実行すると、X クライアントアプリケーションはそれに接続し、ユーザー用に GUI を作成することができます。Red Hat Enterprise Linux には、ベーシックな Tab Window Manager (twm) から大半の Red Hat Enterprise Linux ユーザーが精通している高度に開発されたインタラクティブなデスクトップ環境 (GNOMEKDE) まで、利用可能な GUI が各種あります。
より総合的な GUI である後者のデスクトップ環境を作成するには、X クライアントアプリケーションの 2 つのメインクラスである ウィンドウマネージャーデスクトップ環境 を X サーバーに接続する必要があります。

C.2.1. デスクトップ環境

デスクトップ環境は、様々な X クライアントと統合して、一般的なグラフィカルユーザー環境と開発プラットフォームを作成します。
デスクトップ環境に備わっている高度な機能により、X クライアントと他の実行中のプロセスとの通信が可能になります。また一方で、ドラッグアンドドロップの操作など高度なタスクを実行するために、書き込まれたすべてのアプリケーションがデスクトップ環境で機能できるようにします。
Red Hat Enterprise Linux では 2 つのデスクトップ環境を採用しています。
  • GNOME — GTK+ 2 グラフィカルツールキットを基にした Red Hat Enterprise Linux 向けのデフォルトのデスクトップ環境です。
  • KDE — Qt 4 グラフィカルツールキットを基にしたもう 1 つのデスクトップ環境です。
GNOME と KDE どちらにも、ワードプロセッサー、スプレッドシート、Web ブラウザーなどの高度な生産性アプリケーションが備わっており、GUI の外観をカスタマイズするツールも提供します。さらに、GTK+ 2 と Qt ライブラリの両方が存在している場合は、KDE アプリケーションは GNOME で実行でき、その逆も同様です。