Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

B.2.7. 検証

パッケージの検証は、パッケージからインストールしたファイルに関する情報と、元のパッケージからの同じ情報を比較します。また、検証により、各ファイルのファイルサイズ、MD5 合計、パーミッション、タイプ、所有者、およびグループを比較します。
コマンド rpm -V はパッケージを検証します。クエリーに一覧表示される 検証オプション のいずれかを使用して、検証するパッケージを指定できます。検証の簡単な使用方法は rpm -V ツリー です。これは、tree パッケージ内のすべてのファイルが、最初にインストールした時と同じであることを検証します。以下に例を示します。
  • 特定のファイルを含むパッケージを確認するには、次のコマンドを実行します。
    rpm -Vf /usr/bin/tree
    この例では、/usr/bin/tree は、パッケージのクエリーに使用されるファイルへの絶対パスです。
  • システム全体でインストールされたすべてのパッケージ(これには多少時間がかかります)を確認するには、以下のコマンドを実行します。
    rpm -Va
  • RPM パッケージファイルに対してインストール済みのパッケージを確認するには、次のコマンドを実行します。
    rpm -Vp tree-1.5.3-2.el6.x86_64.rpm
    このコマンドは、RPM データベースが破損していると思われる場合に便利です。
すべてが適切に検証された場合、出力はありません。不一致がある場合は、それらが表示されます。出力の形式は 8 文字の文字列("cは設定ファイルを示します)、ファイル名です。8 文字はそれぞれ、ファイルの 1 つの属性と RPM データベースに記録された属性の値を比較した結果を示します。1 回の期間(.)は、テストに合格したことを意味します。以下の文字は、特定の不一致を示しています。
  • 5 - MD5 checksum
  • S - ファイルサイズ
  • L - シンボリックリンク
  • T - ファイル変更時間
  • D - device
  • U - user
  • G - group
  • M - モード(パーミッションおよびファイルタイプを含む)
  • ? - 読み取りできないファイル(ファイルパーミッションエラーなど)
出力が表示された場合は、最善の判断を使用して、パッケージを削除したり、再インストールするか、別の方法で問題を修正する必要があるかどうかを判断します。