Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.2. 電子メールプログラムの分類

一般的に、すべての電子メールアプリケーションは 3 つのタイプのうち 1 つ以上に分類されます。それぞれの分類は、電子メールメッセージの移動及び管理のプロセスにおいてそれぞれ特定の役割を果たします。大半のユーザーはメッセージの送受信に使用する特定の電子メールプログラムだけを認識しますが、電子メールを正しい送信先に届けるようにするにはすべての電子メールプログラムが重要です。

16.2.1. メール転送エージェント (Mail Transport Agent)

MTA (Mail Transport Agent メール転送エージェント) は、SMTP を使用してホスト間で電子メールメッセージを転送します。メッセージは目的の送信先に移動する時、様々な MTA に関わることがあります。
マシン間のメッセージ配信は、簡単に見えるかもしれませんが、配信のためにある MTA がメッセージを受け入れることが可能か、または受け入れるべきかを判断する過程全体は非常に複雑です。その上、スパムの問題により、特定の MTA の使用は通常 MTA の設定または MTA が常駐するネットワークのアクセス設定によって制限されます。
最新の電子メールクライアントプログラムの多くは、電子メールの送信を行う時に MTA として機能できます。ただし、このアクションが真の MTA の役割であると混同してはいけません。電子メールクライアントプログラムで、MTA のような電子メール送信が可能である唯一の理由は、アプリケーションを稼働しているホストに独自の MTA がないためです。これは非 UNIX ベースのオペレーティングシステム上の電子メールクライアントプログラムに特に当てはまります。ただし、これらのクライアントプログラムは、使用を許可されている MTA に対して送信メッセージを送信するだけで、目的の受信者の電子メールサーバーには直接メッセージを配信することはありません。
Red Hat Enterprise Linux では 2 つの MTA、PostfixSendmail が備わっているため、多くの場合、電子メールクライアントプログラムは MTA として機能する必要がありません。Red Hat Enterprise Linux には、Fetchmail と呼ばれる特別用途の MTA も装備されています。
Postfix、Sendmail、Fetchmail の詳細は 「メール転送エージェント (MTA)」 を参照してください。