Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

13.2.25. SSSD および UID および GID 番号

ユーザーが作成されると、useradd などのシステムツールを使用して、Red Hat Identity Management またはその他のクライアントツールを使用して、ユーザー ID 番号とグループ ID 番号が自動的に割り当てられます。
ユーザーがシステムまたはサービスにログインすると、SSSD は、関連する UID/GID 番号でそのユーザー名をキャッシュします。次に、UID 番号がユーザーの ID キーとして使用されます。ユーザー名が同じで UID が異なるユーザーがシステムにログインすると、SSSD は名前が競合する 2 つの異なるユーザーとして処理します。
つまり、SSSD は UID 番号の変化を認識しません。SSSD は、異なる UID が指定された既存ユーザーとしてではなく、別の新規ユーザーとして解釈します。既存のユーザーの UID 番号が変更されると、そのユーザーは SSSD 、関連のサービスやドメインにログインできなくなります。また、これは ID 情報に SSSD を使用するクライアントアプリケーションにも影響があり、競合が発生したユーザーは検索されず、これらのアプリケーションにアクセスできなくなります。
重要
SSSD では、UID/GID の変更に対応していません。
何らかの理由で UID/GID 番号が変更された場合は、そのユーザーが再ログインする前に、ユーザーの SSSD キャッシュを消去する必要があります。以下に例を示します。
~]# sss_cache -u jsmith
SSSD キャッシュのクリーンアップは、「SSSD キャッシュのパージ」 で説明されています。