11.2.3. SSSD の起動と停止

重要

初めて SSSD を開始する前に、ドメインを少なくとも1つ設定します。「SSSD および ID プロバイダー (ドメイン)」 をご覧下さい。
service コマンドまたは /etc/init.d/sssd スクリプトのいずれかで SSSD を開始できます。例えば:
[root@server ~]# service sssd start
デフォルトでは、SSSD は自動開始に設定されていません。この動作は、2 つの方法で変更できます。
  • authconfig コマンドによる SSSD の有効化
    [root@server ~]# authconfig --enablesssd --enablesssdauth --update
  • chkconfig コマンドを使用して、SSSD プロセスをスタートリストに追加する
    [root@server ~]# chkconfig sssd on