Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第30章 カーネルの手動によるアップグレード

Red Hat Enterprise Linuxnbsp;Hat Enterprise Linuxnbsp;Linux カーネルは、サポートしているハードウェアとの整合性と互換性を確保するために、Red Hat Enterprise Linuxnbsp;Hat Enterprise Linuxnbsp;Linux カーネルチームがカスタムを構築します。Red Hat がカーネルをリリースする前に、まず厳格な品質保証テストセットを渡す必要があります。
Red Hat Enterprise Linuxnbsp;Hat Enterprise Linuxnbsp;Linux カーネルは RPM 形式でパッケージ化されるため、Yum または PackageKit パッケージマネージャーを使用したアップグレードと検証が容易になります。PackageKit は自動的に Red Hat Network サーバーをクエリーし、カーネルパッケージなど、利用可能な更新を含むパッケージを通知します。
本章は、yum の代わりに rpm コマンドを使用して手動でカーネルパッケージを更新する必要のあるユーザーに のみ 有用です。
Yum を使用して、可能な限りカーネルをインストールします。
可能な場合は、Yum または PackageKit パッケージマネージャーを使用して新しいカーネルをインストールしてください。これは、現在のカーネルの代わりに常に新しいカーネルを インストール し、システムが起動できなくなる可能性があるためです。
カスタムカーネルのビルドはサポートされていません。
カスタムカーネルの構築は、Red Hat グローバルサービスサポートチームではサポートされないため、このマニュアルでは検討されていません。
Yum を使用したカーネルパッケージのインストールの詳細は、「パッケージの更新」 を参照してください。Red Hat Network の詳細は、6章システム登録およびサブスクリプション管理 を参照してください。

30.1. カーネルパッケージの概要

Red Hat Enterprise Linuxnbsp;Hat Enterprise Linuxnbsp;Linux には、以下のカーネルパッケージが含まれています。
  • kernel - 単一、マルチコア、マルチプロセッサーシステム用のカーネルが含まれます。
  • kernel-debug - カーネル診断用に有効なデバッグオプションが多数含まれるカーネルが含まれますが、パフォーマンスが低下します。
  • kernel-devel - kernel パッケージに対してモジュールを構築するのに十分なカーネルヘッダーと makefiles が含まれます。
  • kernel-debug-devel - カーネル診断用に多くのデバッグオプションが有効になっている開発バージョンのカーネルが含まれます。ただし、パフォーマンスが低下します。
  • kernel-doc - カーネルソースのドキュメントファイル。これらのファイルには、同梱で配布される Linux カーネルとデバイスドライバーのさまざまな部分が文書化されています。このパッケージをインストールすると、オプションへの参照が提供され、読み込み時に Linux カーネルモジュールに渡すことができます。
    デフォルトでは、これらのファイルは /usr/share/doc/kernel-doc- <kernel_version&gt; / ディレクトリーに配置されます。
  • kernel-headers - Linux カーネルとユーザー空間ライブラリーとプログラム間のインターフェースを指定する C ヘッダーファイルが含まれます。ヘッダーファイルは、ほとんどの標準プログラムを構築するのに必要な構造と定数を定義します。
  • kernel-firmware - さまざまなデバイスで動作するために必要なすべてのファームウェアファイルが含まれます。
  • perf - このパッケージには、各カーネルイメージのサブパッケージに同梱される perf ツールのサポートスクリプトとドキュメントが含まれています。