Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

21.2.2.6.9. セキュリティーオプション

以下は、vsftpd のセキュリティー向上に使用できるディレクティブの一覧です。
  • isolate_network: 有効にすると、vsftpdCLONE_NEWNET コンテナーフラグを使用して、権限のないプロトコルハンドラープロセスを分離して、任意に connect() を呼び出しないようにし、代わりにソケットの特権プロセスを要求する必要があります( port_promiscuous オプションを無効にする必要があります)。
    デフォルト値は YES です。
  • isolate: 有効にすると、vsftpdCLONE_NEWPID および CLONE_NEWIPC コンテナーフラグを使用してプロセスを IPC および PID 名前空間に分離し、それらのプロセスが互いに対話できないようにします。
    デフォルト値は YES です。
  • ssl_enable: vsftpdSSL のサポートを有効にします( TLSを含む)。SSL は認証と後続のデータ転送の両方に使用されます。ssl_enableYES に設定されている場合に限り、その他の SSL関連のオプションが適用されます。
    デフォルト値は NO です。
  • allow_anon_ssl: 匿名ユーザーがセキュアな SSL 接続を使用することを許可するかどうかを指定します。
    デフォルト値は NO です。
  • require_cert: 有効な場合は、クライアント証明書を提示するためにすべての SSL クライアント接続が必要になります。
    デフォルト値は NO です。