Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

17.2.2.4. 使用例

下記の例は、ゾーンファイルの基本的使用法を示したものです。
17.2.2.4.1. 単純なゾーンファイル
例17.15「単純なゾーンファイル」では、標準のディレクティブとSOA 値の使用を提示しています。

例17.15 単純なゾーンファイル

$ORIGIN example.com.
$TTL 86400
@         IN  SOA  dns1.example.com.  hostmaster.example.com. (
              2001062501  ; serial
              21600       ; refresh after 6 hours
              3600        ; retry after 1 hour
              604800      ; expire after 1 week
              86400 )     ; minimum TTL of 1 day
;
;
          IN  NS     dns1.example.com.
          IN  NS     dns2.example.com.
dns1      IN  A      10.0.1.1
          IN  AAAA   aaaa:bbbb::1
dns2      IN  A      10.0.1.2
          IN  AAAA   aaaa:bbbb::2
;
;
@         IN  MX     10  mail.example.com.
          IN  MX     20  mail2.example.com.
mail      IN  A      10.0.1.5
          IN  AAAA   aaaa:bbbb::5
mail2     IN  A      10.0.1.6
          IN  AAAA   aaaa:bbbb::6
;
;
; This sample zone file illustrates sharing the same IP addresses
; for multiple services:
;
services  IN  A      10.0.1.10
          IN  AAAA   aaaa:bbbb::10
          IN  A      10.0.1.11
          IN  AAAA   aaaa:bbbb::11

ftp       IN  CNAME  services.example.com.
www       IN  CNAME  services.example.com.
;
;
この例では、権威ネームサーバーは dns1 .example.com および dns2.example.com として設定され、それぞれ A レコードを使用して 10. 0.1.1 および 10.0.1.2 IP アドレスに関連付けられます。
A レコードで設定されたメールサーバーは A レコードを介して mail および mail2 をポイントします。これらの名前はトレーリングピリオドで終了していないため、$ORIGIN ドメインがその後に配置されており、それらを mail.example.com および mail2.example.com に広げています。
www.example.com (WWW) などの標準の名前で利用可能なサービスは、CNAME レコードを使用して適切なサービスを指すようにしてあります。
このゾーンファイルは、以下のような zone ステートメントが /etc/named.conf ファイルに追加される場合に使用されます。
zone "example.com" IN {
  type master;
  file "example.com.zone";
  allow-update { none; };
};