Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.2.3. ptp4l の起動

ptp4l プログラムは、デフォルトでハードウェアのタイムスタンプを使用しようとします。ハードウェアタイムスタンプ対応のドライバーおよび NIC で ptp4l を使用するには、使用するネットワークインターフェースに -i オプションを指定する必要があります。root で以下のコマンドを入力します。
~]# ptp4l -i eth3 -m
eth3 は、設定するインターフェースに置き換えます。以下は、NIC 上の PTP クロックがマスターに同期された際の ptp4l からの出力例です。
~]# ptp4l -i eth3 -m
selected eth3 as PTP clock
port 1: INITIALIZING to LISTENING on INITIALIZE
port 0: INITIALIZING to LISTENING on INITIALIZE
port 1: new foreign master 00a069.fffe.0b552d-1
selected best master clock 00a069.fffe.0b552d
port 1: LISTENING to UNCALIBRATED on RS_SLAVE
master offset -23947 s0 freq +0 path delay       11350
master offset -28867 s0 freq +0 path delay       11236
master offset -32801 s0 freq +0 path delay       10841
master offset -37203 s1 freq +0 path delay       10583
master offset  -7275 s2 freq -30575 path delay   10583
port 1: UNCALIBRATED to SLAVE on MASTER_CLOCK_SELECTED
master offset  -4552 s2 freq -30035 path delay   10385
マスターオフセットの値は、マスターからナノ秒で測定されたオフセットです。s0s1s2 の各ストリングは、異なるクロックのサーボ状態を示しています。s0 はアンロックされています。s1 はクロックステップで、s2 です。servo がロック状態(s2)になると、p _offset_const オプションが設定ファイルの正の値( ptp4l(8)で説明)に設定されていない限り、クロックはステップになりません( 徐々に調整されるのみ)。freq 値は、10億分の 1(ppb)単位のクロックの周波数調整です。パス遅延値は、マスターから送信される同期メッセージの遅延 (ナノ秒単位) です。Port 0 は、ローカル PTP 管理に使用される Unix ドメインソケットです。Port 1 は eth3 インターフェースです(上記の例に基づいています)。 INITIALIZING、LISTENING、UNCALIBRATED、および SLAVE は、INITIALIZE、RS_SLAVE、MASTER_CLOCK_SELECTED イベントで変化する可能性のあるポート状態です。最後の状態変更メッセージでは、ポート状態が UNCALIBRATED から SLAVE に変更し、PTP マスタークロックとの同期が成功したことを示しています。
ptp4l プログラムは、以下を実行してサービスとして起動することもできます。
~]# service ptp4l start
サービスとして実行する場合、オプションは /etc/sysconfig/ptp4l ファイルに指定されます。各種の異なる ptp4l オプションおよび設定ファイルの設定についての詳細は、ptp4l(8) man ページを参照してください。
デフォルトでは、メッセージは /var/log/messages に送信されます。ただし、-m オプションを指定すると標準出力へのロギングが可能になり、これはデバッグで役に立ちます。
ソフトウェアタイムスタンプを有効にするには、以下のように -S オプションを使用する必要があります。
~]# ptp4l -i eth3 -m -S

23.2.3.1. 遅延測定メカニズムの選択

遅延測定メカニズムには 2 つの異なる遅延測定メカニズムがあり、以下のように ptp4l コマンドにオプションを追加することで選択できます。
-P
-P は、 ピアツーピア (P2P)の遅延測定メカニズムを選択します。
P2P メカニズムはネットワークトポロジーの変更に高速に対応し、他のメカニズムよりも遅延の測定がより正確であるため、推奨されています。 P2P メカニズムは、各ポートが最大で他の 1 つの P2P ポートを持つ PTP メッセージを交換するトポロジーでのみ使用できます。これは、透過クロックを含む通信パス上のすべてのハードウェアでサポートされ、使用される必要があります。
-E
-E は、エンドツーエンド (E2E)の遅延測定メカニズムを選択します。これはデフォルトです。
E2E メカニズムは、遅延 リクエスト応答 メカニズムとも呼ばれます。
-A
-A は、遅延測定メカニズムの自動選択を有効にします。
自動オプションは、E2E モードで ptp4l を起動します。ピアの遅延リクエストを受信すると、P2P モードに変更されます。
注記
1 つの PTP 通信パス上のクロックはすべて、遅延を測定するために同じメカニズムを使用する必要があります。E2E メカニズムを使用しているポートでピアの遅延リクエストを受信すると警告が表示されます。P2P メカニズムを使用するポートで E2E の遅延リクエストを受信すると警告が表示されます。