Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

13.3. DHCP クライアントの設定

DHCP クライアントを手動で設定するには、/etc/sysconfig/network ファイルを修正して、ネットワーキングと /etc/sysconfig/network-scripts ディレクトリ内にある各ネットワークデバイスの設定ファイルを有効にします。このディレクトリ内には、デバイスごとに ifcfg-eth0 と呼ばれる設定ファイルがあるはずです。eth0 はネットワークデバイス名です。
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ファイルに、以下の行が含まれていることを確認してください。
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=yes
DHCP を使用するには、各デバイスごとに設定ファイルを設定します。
ネットワークスクリプトの他のオプションは以下のとおりです。
  • DHCP_HOSTNAME — このオプションを使用するのは、DHCP サーバーが IP アドレスを受信する前にクライアントがホスト名を指定する必要がある場合のみです。
  • PEERDNS=<answer><answer> は以下のいずれかになります。
    • yes — サーバーからの情報に応じて /etc/resolv.conf を変更します。DHCP を使用する場合は、yes がデフォルトです。
    • no/etc/resolv.conf を変更しません。
グラフィカルインターフェースを使用したい場合、DHCP を使用するようにネットワークインターフェースを設定するための NetworkManager の使用手順については、8章NetworkManager を参照してください。

注記

プロトコルのタイミング、リースの要件と要求、動的 DNS サポート、エイリアス、さらにはクライアント側の設定に上書き、先頭や末尾に追加する様々な値など、クライアント DHCP オプションの高度な設定については、dhclientdhclient.conf の man ページを参照して下さい。