Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

C.3.3.3. ServerFlags セクション

任意の ServerFlags セクションには、その他のグローバル X サーバーの設定が含まれます。このセクションの設定は、ServerLayout セクションに配置されているオプションで上書きできます(詳細は ServerLayout セクション」 を参照してください)。
ServerFlags セクション内の各エントリーは単一行を使用し、オプション の後に二重引用符(")で囲まれているオプションで始まります。
以下は、ServerFlags セクションの例です。
Section "ServerFlags"
  Option "DontZap" "true"
EndSection
以下は、最も役立つオプションの一部を示しています。
  • "DontZap" "boolean" - < boolean > の値が true に設定されている場合、この設定により Ctrl+Alt+Backspace キーの組み合わせが X サーバーをすぐに終了できなくなります。
    X キーボード拡張
    このオプションが有効になっている場合でも、キーの組み合わせは XKB(XKB)マップで設定してから使用する必要があります。マップにキーの組み合わせを追加する方法の 1 つとして、以下のコマンドを実行します。
    setxkbmap -option "terminate:ctrl_alt_bksp"
  • "DontZoom" "boolean" - < boolean > の値が true に設定されている場合、この設定は Ctrl+Alt+Keypad-Plus+Ctrl+Alt+Keypad- キーの組み合わせを使用して、設定されたビデオ解決を循環させます。
  • "AutoAddDevices" "boolean" - < boolean > の値が false に設定されている場合、サーバーはホットプラグ入力デバイスではなく、xorg.conf ファイルで設定したデバイスのみに依存します。入力デバイスの詳細は、InputDevice セクション」 を参照してください。このオプションはデフォルトで有効にされており、HAL(ハードウェア抽象化レイヤー)はデバイス検出のバックエンドとして使用されます。