付録D sysconfig ディレクトリ

本付録には、/etc/sysconfig/ ディレクトリ内にあるファイルとディレクトリの機能や内容に関する概要が記載されています。こうしたファイルの多くには、非常に特定のまたは稀な状況でのみ使用される様々なオプションが含まれるため、本付録に全情報が記載されているわけではありません。

注記

/etc/sysconfig/ ディレクトリの実際のコンテンツは、マシンにインストールされているプログラムにより異なります。設定ファイルが所属するパッケージ名を知りたい場合は、シェルプロンプトで以下のコマンドを入力します:
~]$ yum provides /etc/sysconfig/filename 
Red Hat Enterprise Linux で新しいパッケージをインストールする方法の詳細については、「パッケージのインストール」 を参照して下さい。

D.1. /etc/sysconfig/ ディレクトリのファイル

次項からは、通常 /etc/sysconfig/ ディレクトリ内にあるファイルについて説明しています。

D.1.1. /etc/sysconfig/arpwatch

/etc/sysconfig/arpwatch ファイルは、ブート時に arpwatch デーモンに引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
OPTIONS=value
arpwatch デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
OPTIONS="-u arpwatch -e root -s 'root (Arpwatch)'"

D.1.2. /etc/sysconfig/authconfig

/etc/sysconfig/authconfig ファイルは、ホストで使用される認証を設定します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
USEMKHOMEDIR=boolean
初回ログイン時にユーザー用のホームディレクトリの作成を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USEMKHOMEDIR=no
USEPAMACCESS=boolean
PAM 認証を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USEPAMACCESS=no
USESSSDAUTH=boolean
SSSD 認証を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USESSSDAUTH=no
USESHADOW=boolean
シャドウパスワードを有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USESHADOW=yes
USEWINBIND=boolean
ユーザーアカウント設定用に Winbind の使用を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USEWINBIND=no
USEDB=boolean
FAS 認証を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USEDB=no
USEFPRINTD=boolean
指紋認証を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USEFPRINTD=yes
FORCESMARTCARD=boolean
スマートカード認証の強制を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
FORCESMARTCARD=no
PASSWDALGORITHM=value
パスワードアルゴリズムです。指定可能な valuebigcryptdescryptmd5sha256sha512 です。例えば:
PASSWDALGORITHM=sha512
USELDAPAUTH=boolean
LDAP 認証を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USELDAPAUTH=no
USELOCAUTHORIZE=boolean
ローカルユーザー用のローカル認証を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USELOCAUTHORIZE=yes
USECRACKLIB=boolean
CrackLib の使用を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USECRACKLIB=yes
USEWINBINDAUTH=boolean
Winbind 認証を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USEWINBINDAUTH=no
USESMARTCARD=boolean
スマートカード認証を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USESMARTCARD=no
USELDAP=boolean
ユーザーアカウント設定に LDAP の使用を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USELDAP=no
USENIS=boolean
ユーザーアカウント設定に NIS の使用を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USENIS=no
USEKERBEROS=boolean
Kerberos 認証を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USEKERBEROS=no
USESYSNETAUTH=boolean
ネットワークサービスを使ったシステムアカウントの認証を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USESYSNETAUTH=no
USESMBAUTH=boolean
SMB 認証を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USESMBAUTH=no
USESSSD=boolean
ユーザー情報取得で SSSD の使用を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USESSSD=no
USEHESIOD=boolean
Hesoid ネームサービスの使用を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USEHESIOD=no
このトピックについての詳しい情報は、11章認証の設定 を参照して下さい。

D.1.3. /etc/sysconfig/autofs

/etc/sysconfig/autofs ファイルは、デバイスの自動マウント用のカスタムオプションを定義します。このファイルはファイルシステムの使用時に自動的にそれらをマウントして、しばらく活動がないとアンマウントする自動マウントデーモンの動作を制御します。ファイルシステムには、ネットワークファイルシステム、CD-ROM ドライブ、ディスケット、及びその他のメディアが含まれます。
デフォルトでは、以下のようなオプションが含まれています。
MASTER_MAP_NAME=value
マスターマップのデフォルト名です。例えば:
MASTER_MAP_NAME="auto.master"
TIMEOUT=value
デフォルトのマウントタイムアウトです。例えば:
TIMEOUT=300
NEGATIVE_TIMEOUT=value
マウント試行が失敗した時のデフォルト設定の負のタイムアウトです。例えば:
NEGATIVE_TIMEOUT=60
MOUNT_WAIT=value
mount から応答を待つ時間です。例えば:
MOUNT_WAIT=-1
UMOUNT_WAIT=value
umount から応答を待つ時間です。例えば:
UMOUNT_WAIT=12
BROWSE_MODE=boolean
マップの閲覧を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
BROWSE_MODE="no"
MOUNT_NFS_DEFAULT_PROTOCOL=value
mount.nfs により使用されるデフォルトのプロトコルです。例えば:
MOUNT_NFS_DEFAULT_PROTOCOL=4
APPEND_OPTIONS=boolean
グローバルオプションの置換の代わりに追記を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
APPEND_OPTIONS="yes"
LOGGING=value
デフォルトのロギングレベルです。valuenoneverbosedebug のいずれかでなければなりません。例えば:
LOGGING="none"
LDAP_URI=value
空白で区切られたサーバー URI の一覧です。形式は protocol://server です。例えば:
LDAP_URI="ldaps://ldap.example.com/"
LDAP_TIMEOUT=value
同期 API 呼び出しのタイムアウトです。例えば:
LDAP_TIMEOUT=-1
LDAP_NETWORK_TIMEOUT=value
ネットワーク応答のタイムアウトです。例えば:
LDAP_NETWORK_TIMEOUT=8
SEARCH_BASE=value
マップ検索用のベース識別名 (DN) です。例えば:
SEARCH_BASE=""
AUTH_CONF_FILE=value
SASL 認証設定ファイルがあるデフォルトの場所です。例えば:
AUTH_CONF_FILE="/etc/autofs_ldap_auth.conf"
MAP_HASH_TABLE_SIZE=value
マップキャッシュ用のハッシュテーブルサイズです。例えば:
MAP_HASH_TABLE_SIZE=1024
USE_MISC_DEVICE=boolean
autofs の他のデバイスの使用を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
USE_MISC_DEVICE="yes"
OPTIONS=value
LDAP デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
OPTIONS=""

D.1.4. /etc/sysconfig/clock

/etc/sysconfig/clock ファイルは、システムのハードウェアクロックで読み取られた値の解釈を制御します。このファイルは 日付/時刻のプロパティ ツールで使用されるため、手動での編集はお勧めしません。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
ZONE=value
/etc/localtime のコピー元である /usr/share/zoneinfo 下のタイムゾーンファイルです。例えば:
ZONE="Europe/Prague"
日付/時刻のプロパティ ツールとその使用方法の詳細については、「日付/時刻のプロパティのツール」 を参照して下さい。

D.1.5. /etc/sysconfig/dhcpd

/etc/sysconfig/dhcpd ファイルは、ブート時に dhcpd デーモンに引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
DHCPDARGS=value
dhcpd デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
DHCPDARGS=
DHCP とその使用方法の詳細については、13章DHCP サーバー を参照して下さい。

D.1.6. /etc/sysconfig/firstboot

/etc/sysconfig/firstboot ファイルは、firstboot ユーティリティを実行するかどうかを定義します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
RUN_FIRSTBOOT=boolean
firstboot プログラムの実行を有効 (YES) /無効 (NO) にするためのブール値です。例えば:
RUN_FIRSTBOOT=NO
システムの初回ブート時に、init プログラムは /etc/rc.d/init.d/firstboot スクリプトを呼び出して、/etc/sysconfig/firstboot ファイルを探します。このファイルに RUN_FIRSTBOOT=NO オプションが含まれていない場合は、firstboot プログラムは実行され、ユーザーをシステムの初期設定へと導きます。

注記

次回のシステムブート時に firstboot プログラムを起動するには、RUN_FIRSTBOOT オプションの値を YES に変更して、シェルプロンプトで以下を入力します:
~]# chkconfig firstboot on

D.1.7. /etc/sysconfig/i18n

/etc/sysconfig/i18n 設定ファイルは、デフォルトの言語、サポートされている全言語、及びデフォルトのシステムフォントを定義します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
LANG=value
デフォルトの言語です。例えば:
LANG="en_US.UTF-8"
SUPPORTED=value
コロンで区切られたサポートされている言語の一覧です。例えば:
SUPPORTED="en_US.UTF-8:en_US:en"
SYSFONT=value
デフォルトのシステムフォントです。例えば:
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

D.1.8. /etc/sysconfig/init

/etc/sysconfig/init ファイルは、ブートプロセス中にシステムが表示され、機能する方法を制御します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
BOOTUP=value
ブートのスタイルです。値は color (標準色のブートディスプレイ)、verbose (より多くの情報を提供する旧型のディスプレイ)、あるいは ANSI 形式を使用しない新しいスタイルディスプレイ用の別の値でなければなりません。例えば:
BOOTUP=color
RES_COL=value
状態ラベルが始まるカラムの番号です。例えば:
RES_COL=60
MOVE_TO_COL=value
RES_COL で指定されたカラムへカーソルを移動するターミナルの配列です (上記参照)。例えば:
MOVE_TO_COL="echo -en \\033[${RES_COL}G"
SETCOLOR_SUCCESS=value
成功の色を設定するターミナルの配列です。例えば:
SETCOLOR_SUCCESS="echo -en \\033[0;32m"
SETCOLOR_FAILURE=value
失敗の色を設定するターミナルの配列です。例えば:
SETCOLOR_FAILURE="echo -en \\033[0;31m"
SETCOLOR_WARNING=value
警告の色を設定するターミナルの配列です。例えば:
SETCOLOR_WARNING="echo -en \\033[0;33m"
SETCOLOR_NORMAL=value
デフォルトの色を設定するターミナルの配列です。例えば:
SETCOLOR_NORMAL="echo -en \\033[0;39m"
LOGLEVEL=value
初期コンソールのログレベルです。value は、1 (カーネルパニックのみ) から 8 (デバッグ情報などすべて) までの範囲内にする必要があります。例えば:
LOGLEVEL=3
PROMPT=boolean
ホットキーの対話型スタートアップを有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
PROMPT=yes
AUTOSWAP=boolean
スワップ署名を持つデバイスのプローブを有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
AUTOSWAP=no
ACTIVE_CONSOLES=value
アクティブなコンソールの一覧です。例えば:
ACTIVE_CONSOLES=/dev/tty[1-6]
SINGLE=value
シングルユーザーモードのタイプです。value は、/sbin/sulogin (ユーザーはログインするためのパスワードをプロンプトされる)、または /sbin/sushell (ユーザーは直接ログインする) でなければなりません。例えば:
SINGLE=/sbin/sushell

D.1.9. /etc/sysconfig/ip6tables-config

/etc/sysconfig/ip6tables-config ファイルは、ブート時や ip6tables サービスが起動する度に IPv6 パケットフィルタリングを設定するためにカーネルが使用する情報を格納します。ただし、ip6tables ルールを初めて使用される場合は変更しないことをお勧めします。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
IP6TABLES_MODULES=value
ファイアウォールのルール適用後に、ロードされる空白で区切られたヘルパーの一覧です。例えば:
IP6TABLES_MODULES="ip_nat_ftp ip_nat_irc"
IP6TABLES_MODULES_UNLOAD=boolean
ファイアウォールが停止/再起動した時のモジュールのアンロードを有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
IP6TABLES_MODULES_UNLOAD="yes"
IP6TABLES_SAVE_ON_STOP=boolean
ファイアウォールの停止時に現在のファイアウォールルールの保存を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
IP6TABLES_SAVE_ON_STOP="no"
IP6TABLES_SAVE_ON_RESTART=boolean
ファイアウォールの再起動時に現在のファイアウォールルールの保存を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
IP6TABLES_SAVE_ON_RESTART="no"
IP6TABLES_SAVE_COUNTER=boolean
ルールおよびチェーンカウンターの保存を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
IP6TABLES_SAVE_COUNTER="no"
IP6TABLES_STATUS_NUMERIC=boolean
状態出力において IP アドレスとポート番号の数式での表示を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
IP6TABLES_STATUS_NUMERIC="yes"
IP6TABLES_STATUS_VERBOSE=boolean
状態出力でのパケット数とバイト数に関する情報の表示を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
IP6TABLES_STATUS_VERBOSE="no"
IP6TABLES_STATUS_LINENUMBERS=boolean
状態出力での行数の表示を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
IP6TABLES_STATUS_LINENUMBERS="yes"

注記

ip6tables コマンドを使用して、手動でルールを作成できます。作成後は、シェルプロンプトで以下を入力します:
~]# service ip6tables save
これにより、/etc/sysconfig/ip6tables にルールが追加されます。このファイルが作成されると、そこに保存されたあらゆるファイアウォールのルールはシステムをリブートするかサービスを再起動することで保持されます。

D.1.10. /etc/sysconfig/keyboard

/etc/sysconfig/keyboard ファイルは、キーボードの動作を制御します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
KEYTABLE=value
キーテーブルファイルの名前です。キーテーブルとして使用可能なファイルは、/lib/kbd/keymaps/i386/ ディレクトリで開始し、そこから様々なキーボードレイアウトへ分岐し、すべて value.kmap.gz と名前が付けられます。KEYTABLE 設定に一致する最初のファイル名が使用されます。例えば:
KEYTABLE="us"
MODEL=value
キーボードのモデルです。例えば:
MODEL="pc105+inet"
LAYOUT=value
キーボードのレイアウトです。例えば:
LAYOUT="us"
KEYBOARDTYPE=value
キーボードタイプです。指定可能な値は pc (PS/2 キーボード) か sun (Sun キーボード) です。例えば:
KEYBOARDTYPE="pc"

D.1.11. /etc/sysconfig/ldap

/etc/sysconfig/ldap ファイルには、LDAP サーバーの基本設定が含まれています。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
SLAPD_OPTIONS=value
slapd デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
SLAPD_OPTIONS="-4"
SLURPD_OPTIONS=value
slurpd デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
SLURPD_OPTIONS=""
SLAPD_LDAP=boolean
TCP での LDAP の使用 (ldap:///) を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
SLAPD_LDAP="yes"
SLAPD_LDAPI=boolean
IPC での LDAP の使用 (ldapi:///) を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
SLAPD_LDAPI="no"
SLAPD_LDAPS=boolean
TLS での LDAP の使用 (ldaps:///) を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
SLAPD_LDAPS="no"
SLAPD_URLS=value
空白で区切られた URL の一覧です。例えば:
SLAPD_URLS="ldapi:///var/lib/ldap_root/ldapi ldapi:/// ldaps:///"
SLAPD_SHUTDOWN_TIMEOUT=value
slapd がシャットダウンするのを待機する時間です。例えば:
SLAPD_SHUTDOWN_TIMEOUT=3
SLAPD_ULIMIT_SETTINGS=value
slapd デーモンの開始前に ulimit に渡すパラメーターです。例えば:
SLAPD_ULIMIT_SETTINGS=""
LDAP とその設定の詳細については、「OpenLDAP」 を参照して下さい。

D.1.12. /etc/sysconfig/named

/etc/sysconfig/named ファイルは、ブート時に named デーモンに引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
ROOTDIR=value
named デーモンが実行する chroot 環境です。value はディレクトリのフルパスである必要があります。例えば:
ROOTDIR="/var/named/chroot"
chroot 環境は最初に設定しなければならない点に注意して下さい (詳細については、シェルプロンプトで info chroot と入力して下さい)。
OPTIONS=value
named に渡す追加のオプションです。例えば:
OPTIONS="-6"
-t オプションは使用しないことをお勧めします。代わりに、上記で説明した ROOTDIR を使用して下さい。
KEYTAB_FILE=value
キータブのファイル名です。例えば:
KEYTAB_FILE="/etc/named.keytab"
BIND DNS サーバーとその設定の詳細については、「BIND」 を参照して下さい。

D.1.13. /etc/sysconfig/network

/etc/sysconfig/network ファイルは、希望するネットワーク設定に関する情報を指定するために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
NETWORKING=boolean
ネットワーキングを有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
NETWORKING=yes
HOSTNAME=value
マシンのホスト名です。例えば:
HOSTNAME=penguin.example.com
GATEWAY=value
ネットワークのゲートウェイの IP アドレスです。例えば:
GATEWAY=192.168.1.0

警告

カスタムの init スクリプトを使用して、ネットワークを設定しないで下さい。ブート後にネットワークサービスを再起動すると、ネットワーク init スクリプトの外で実行されるネットワーク設定を行うカスタムの init スクリプトにより不測な事態が発生します。

D.1.14. /etc/sysconfig/ntpd

/etc/sysconfig/ntpd ファイルは、ブート時に ntpd デーモンに引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
OPTIONS=value
ntpd に渡す追加のオプションです。例えば:
OPTIONS="-u ntp:ntp -p /var/run/ntpd.pid -g"
ntpd デーモンを設定する方法の詳細については、「ネットワーク時刻プロトコルのプロパティ」 または 「ネットワーク時刻プロトコルの設定」 を参照して下さい。

D.1.15. /etc/sysconfig/quagga

/etc/sysconfig/quagga ファイルには、Quagga デーモンの基本設定が含まれています。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
QCONFDIR=value
Quagga デーモンの設定ファイルがあるディレクトリです。例えば:
QCONFDIR="/etc/quagga"
BGPD_OPTS=value
bgpd デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
BGPD_OPTS="-A 127.0.0.1 -f ${QCONFDIR}/bgpd.conf"
OSPF6D_OPTS=value
ospf6d デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
OSPF6D_OPTS="-A ::1 -f ${QCONFDIR}/ospf6d.conf"
OSPFD_OPTS=value
ospfd デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
OSPFD_OPTS="-A 127.0.0.1 -f ${QCONFDIR}/ospfd.conf"
RIPD_OPTS=value
ripd デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
RIPD_OPTS="-A 127.0.0.1 -f ${QCONFDIR}/ripd.conf"
RIPNGD_OPTS=value
ripngd デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
RIPNGD_OPTS="-A ::1 -f ${QCONFDIR}/ripngd.conf"
ZEBRA_OPTS=value
zebra デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
ZEBRA_OPTS="-A 127.0.0.1 -f ${QCONFDIR}/zebra.conf"
ISISD_OPTS=value
isisd デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
ISISD_OPTS="-A ::1 -f ${QCONFDIR}/isisd.conf"
WATCH_OPTS=value
watchquagga デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
WATCH_OPTS="-Az -b_ -r/sbin/service_%s_restart -s/sbin/service_%s_start -k/sbin/service_%s_stop"
WATCH_DAEMONS=value
空白で区切られたモニターされるデーモンの一覧です。例えば:
WATCH_DAEMONS="zebra bgpd ospfd ospf6d ripd ripngd"

D.1.16. /etc/sysconfig/radvd

/etc/sysconfig/radvd ファイルは、ブート時に radvd デーモンに引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
OPTIONS=value
radvd デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
OPTIONS="-u radvd"

D.1.17. /etc/sysconfig/samba

/etc/sysconfig/samba ファイルは、ブート時に Samba デーモンに引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
SMBDOPTIONS=value
smbd に渡す追加のオプションです。例えば:
SMBDOPTIONS="-D"
NMBDOPTIONS=value
nmbd に渡す追加のオプションです。例えば:
NMBDOPTIONS="-D"
WINBINDOPTIONS=value
winbindd に渡す追加のオプションです。例えば:
WINBINDOPTIONS=""
Samba とその設定の詳細については、「Samba」 を参照して下さい。

D.1.18. /etc/sysconfig/saslauthd

/etc/sysconfig/saslauthd ファイルは、ブート時にどの引数を SASL 認証サーバーである saslauthd にわたすかを制御するために使われます。デフォルトでは、以下のオプションを含んでいます。
SOCKETDIR=value
saslauthd のリスニングソケット用のディレクトリです。例えば:
SOCKETDIR=/var/run/saslauthd
MECH=value
ユーザーパスワードの確認に使用する認証メカニズムです。例えば:
MECH=pam
DAEMONOPTS=value
saslauthd サービスを開始する /etc/rc.d/init.d/saslauthd init スクリプトが使用する daemon() 機能にわたされるオプションです。例えば:
DAEMONOPTS="--user saslauth"
FLAGS=value
saslauthd サービスにわたす追加のオプションです。例えば:
FLAGS=

D.1.19. /etc/sysconfig/selinux

/etc/sysconfig/selinux ファイルには、SELinux の基本設定オプションが含まれています。これは、/etc/selinux/config へのシンボリックリンクであり、デフォルトでは以下のオプションが含まれています。
SELINUX=value
セキュリティポリシーです。value は、enforcing (セキュリティポリシーを常に強制)、permissive (ポリシーを強制する代わりに適切な警告を表示)、または disabled (ポリシーを使用しない) のいずれかが可能です。例えば:
SELINUX=enforcing
SELINUXTYPE=value
保護の種類です。value は、targeted (対象のプロセスを保護) または mls (マルチレベルセキュリティの保護) です。例えば:
SELINUXTYPE=targeted

D.1.20. /etc/sysconfig/sendmail

/etc/sysconfig/sendmail は、Sendmail アプリケーションのデフォルト値を設定するために使用されます。デフォルトでは、以下の値が含まれています。
DAEMON=boolean
デーモンとして sendmail の実行を有効 (yes) /無効 (no) にするためのブール値です。例えば:
DAEMON=yes
QUEUE=value
メッセージが処理される間隔です。例えば:
QUEUE=1h
Sendmail とその設定の詳細については、「Sendmail」 を参照して下さい。

D.1.21. /etc/sysconfig/spamassassin

/etc/sysconfig/spamassassin ファイルは、ブート時に spamd デーモン (Spamassassin のデーモン化されたバージョン) に引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
SPAMDOPTIONS=value
spamd デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
SPAMDOPTIONS="-d -c -m5 -H"
Spamassassin とその設定の詳細については、「スパムフィルター」 を参照して下さい。

D.1.22. /etc/sysconfig/squid

/etc/sysconfig/squid ファイルは、ブート時に squid デーモンに引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
SQUID_OPTS=value
squid デーモンに渡す追加のオプションです。例えば:
SQUID_OPTS=""
SQUID_SHUTDOWN_TIMEOUT=value
squid デーモンがシャットダウンするのを待機する時間です。例えば:
SQUID_SHUTDOWN_TIMEOUT=100
SQUID_CONF=value
デフォルトの設定ファイルです。例えば:
SQUID_CONF="/etc/squid/squid.conf"

D.1.23. /etc/sysconfig/system-config-users

/etc/sysconfig/system-config-users ファイルは、ユーザー管理 ユーティリティの設定ファイルです。これを手動で編集することはお勧めしません。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
FILTER=boolean
システムユーザーのフィルタリングを有効 (true) /無効 (false) にするためのブール値です。例えば:
FILTER=true
ASSIGN_HIGHEST_UID=boolean
新しく追加されたユーザーへの利用可能な最高値の UID の割り当てを有効 (true) /無効 (false) にするためのブール値です。例えば:
ASSIGN_HIGHEST_UID=true
ASSIGN_HIGHEST_GID=boolean
新しく追加されたグループへの利用可能な最高値の GID の割り当てを有効 (true) /無効 (false) にするためのブール値です。例えば:
ASSIGN_HIGHEST_GID=true
PREFER_SAME_UID_GID=boolean
新しく追加されたユーザーに同じ UID と GID の使用を可能な場合に有効 (true) /無効 (false) にするためのブール値です。例えば:
PREFER_SAME_UID_GID=true
ユーザー管理 とその使用方法の詳細については、「ユーザー管理ツールの使用」 を参照して下さい。

D.1.24. /etc/sysconfig/vncservers

/etc/sysconfig/vncservers ファイルは、Virtual Network Computing (VNC) サーバーが起動する方法を設定します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
VNCSERVERS=value
空白で区切られた display:username ペアの一覧です。例えば:
VNCSERVERS="2:myusername"
VNCSERVERARGS[display]=value
指定された display で実行する VNC サーバーに渡す追加の引数です。例えば:
VNCSERVERARGS[2]="-geometry 800x600 -nolisten tcp -localhost"

D.1.25. /etc/sysconfig/xinetd

/etc/sysconfig/xinetd ファイルは、ブート時に xinetd デーモンに引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれています。
EXTRAOPTIONS=value
xinetd に渡す追加のオプションです。例えば:
EXTRAOPTIONS=""
XINETD_LANG=value
xinetd により開始されたすべてのサービスに渡されるロケール情報です。xinetd 環境からロケール情報を削除するには、空の文字列 ("") または none を使用することができます。例えば:
XINETD_LANG="en_US"
xinetd サービスの設定方法に関する詳細は、10章サービスとデーモン を参照して下さい。