Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

付録D sysconfig ディレクトリー

この付録では、/etc/sysconfig/ ディレクトリーにあるファイルおよびディレクトリー、それらの機能、およびそれらのコンテンツの概要を説明します。これらのファイルの多くには非常に特殊な状況やまれな状況でのみ使用されるオプションが多数あるため、この付録の情報は完了することを目的としていません。
/etc/sysconfig/ ディレクトリーのコンテンツ
/etc/sysconfig/ ディレクトリーの実際の内容は、マシンにインストールされているプログラムによって異なります。設定ファイルが属するパッケージ名を検索するには、シェルプロンプトで以下を入力します。
~]$ yum provides /etc/sysconfig/filename 
Red Hat Enterprise Linuxnbsp;Hat Enterprise Red Hat Enterprise Linuxnbsp;Linux に新しいパッケージをインストールする方法の詳細は、「パッケージのインストール」 を参照してください。

D.1. /etc/sysconfig/ ディレクトリーのファイル

以下のセクションでは、通常 /etc/sysconfig/ ディレクトリーにあるファイルを説明します。

D.1.1. /etc/sysconfig/arpwatch

/etc/sysconfig/arpwatch ファイルは、システムの起動時に arpwatch デーモンに引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
OPTIONS=value
arpwatch デーモンに渡す追加のオプション。以下に例を示します。
OPTIONS="-u arpwatch -e root -s 'root (Arpwatch)'"

D.1.2. /etc/sysconfig/authconfig

/etc/sysconfig/authconfig ファイルは、ホストで使用する認証を設定します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
USEMKHOMEDIR=boolean
初回ログイン時にユーザーのホームディレクトリーを作成(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USEMKHOMEDIR=no
USEPAMACCESS=boolean
PAM 認証を有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USEPAMACCESS=no
USESSSDAUTH=boolean
SSSD 認証を有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USESSSDAUTH=no
USESHADOW=ブール値
シャドウパスワードを有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USESHADOW=yes
USEWINBIND=boolean
ユーザーアカウント設定の Winbind を使用して有効化(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USEWINBIND=no
USEDB=boolean
FAS 認証を有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USEDB=no
USEFPRINTD=boolean
フィンガープリント認証を有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USEFPRINTD=yes
FORCESMARTCARD=boolean
スマートカード認証を強制するブール値(yes)または無効(no)以下に例を示します。
FORCESMARTCARD=no
PASSWDALGORITHM=value
パスワードアルゴリズム。 は、bigcryptdescryptmd5sha256、または sha512 です。以下に例を示します。
PASSWDALGORITHM=sha512
USELDAPAUTH=boolean
LDAP 認証を有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USELDAPAUTH=no
USELOCAUTHORIZE=boolean
ローカルユーザーのローカル認可を有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USELOCAUTHORIZE=yes
USECRACKLIB=ブール値
CrackLib を使用して有効化(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USECRACKLIB=yes
USEWINBINDAUTH=boolean
Winbind 認証を有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USEWINBINDAUTH=no
USESMARTCARD=boolean
スマートカード認証を有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USESMARTCARD=no
USELDAP=boolean
ユーザーアカウント設定に LDAP を使用して有効化(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USELDAP=no
USENIS=ブール値
ユーザーアカウント設定に NIS を使用して有効化(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USENIS=no
USEKERBEROS=ブール値
Kerberos 認証を有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USEKERBEROS=no
USESYSNETAUTH=boolean
ネットワークサービスでシステムアカウントを認証するブール値(yes)または無効(no)以下に例を示します。
USESYSNETAUTH=no
USESMBAUTH=ブール値
SMB 認証を有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USESMBAUTH=no
USESSSD=ブール値
SSSD を使用してユーザー情報を取得するブール値(yes)または無効(no)以下に例を示します。
USESSSD=no
USEHESIOD=boolean
Hesoid name サービスを使用して有効化(yes)または無効(no)のブール値。以下に例を示します。
USEHESIOD=no
このトピックの詳細については、13章認証の設定 を参照してください。

D.1.3. /etc/sysconfig/autofs

/etc/sysconfig/autofs ファイルは、デバイスの自動マウント用のカスタムオプションを定義します。このファイルは、自動マウントデーモンの操作を制御します。これは、ファイルシステムを使用する際に自動的にマウントして、アクティブでないとアンマウントします。ファイルシステムには、ネットワークファイルシステム、CD-ROM ドライブ、ディスクチップなどのメディアを含めることができます。
デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
MASTER_MAP_NAME=value
マスターマップのデフォルト名。以下に例を示します。
MASTER_MAP_NAME="auto.master"
TIMEOUT=value
デフォルトのマウントタイムアウトです。以下に例を示します。
TIMEOUT=300
NEGATIVE_TIMEOUT=value
マウント試行に失敗した場合のデフォルトの負のタイムアウトです。以下に例を示します。
NEGATIVE_TIMEOUT=60
MOUNT_WAIT=value
マウント からの応答を待つ時間。以下に例を示します。
MOUNT_WAIT=-1
UMOUNT_WAIT=value
umount からの応答を待つ時間。以下に例を示します。
UMOUNT_WAIT=12
BROWSE_MODE=boolean
マップを参照するブール値(yes)または disable(no)以下に例を示します。
BROWSE_MODE="no"
MOUNT_NFS_DEFAULT_PROTOCOL=value
mount.nfs が使用するデフォルトのプロトコル。以下に例を示します。
MOUNT_NFS_DEFAULT_PROTOCOL=4
APPEND_OPTIONS=boolean
有効にするブール値(yes)または disable(no)は、グローバルオプションを置き換える代わりに追加します。以下に例を示します。
APPEND_OPTIONS="yes"
LOGGING=value
デフォルトのログレベル。noneverbose、または debug のいずれかである必要があります。以下に例を示します。
LOGGING="none"
LDAP_URI=value
プロトコル:// サーバーの形式におけるサーバー URI のスペース区切りリスト。以下に例を示します。
LDAP_URI="ldaps://ldap.example.com/"
LDAP_TIMEOUT=value
同期 API 呼び出しのタイムアウト。以下に例を示します。
LDAP_TIMEOUT=-1
LDAP_NETWORK_TIMEOUT=value
ネットワーク応答のタイムアウト。以下に例を示します。
LDAP_NETWORK_TIMEOUT=8
SEARCH_BASE=value
マップ検索のベース識別名(DN)です。以下に例を示します。
SEARCH_BASE=""
AUTH_CONF_FILE=value
SASL 認証設定ファイルのデフォルトの場所。以下に例を示します。
AUTH_CONF_FILE="/etc/autofs_ldap_auth.conf"
MAP_HASH_TABLE_SIZE=value
マップキャッシュのハッシュテーブルサイズ。以下に例を示します。
MAP_HASH_TABLE_SIZE=1024
USE_MISC_DEVICE=boolean
autofs のその他のデバイスを使用して有効化(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
USE_MISC_DEVICE="yes"
OPTIONS=value
LDAP デーモンに渡される追加のオプション。以下に例を示します。
OPTIONS=""

D.1.4. /etc/sysconfig/clock

/etc/sysconfig/clock ファイルは、システムクロックから読み込む値の解釈を制御します。これは Date/Time Properties ツールで使用するため、手動で編集しないでください。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
ZONE=value
/usr/share/zoneinfo/etc/localtime はコピー)の下にあるタイムゾーンファイル。以下に例を示します。
ZONE="Europe/Prague"
Date/Time Properties ツールおよびその使用方法は、「日付/時刻のプロパティのツール」 を参照してください。

D.1.5. /etc/sysconfig/dhcpd

/etc/sysconfig/dhcpd ファイルを使用して、システムの起動時に dhcpd デーモンに引数を渡します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
DHCPDARGS=value
dhcpd デーモンに渡す追加のオプション。以下に例を示します。
DHCPDARGS=
DHCP およびその使用方法についての詳細は、16章DHCP サーバー を参照してください。

D.1.6. /etc/sysconfig/firstboot

/etc/sysconfig/firstboot ファイルは、firstboot ユーティリティーを実行するかどうかを定義します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
RUN_FIRSTBOOT=boolean
firstboot プログラムを実行するブール値(YES)または無効(NO)以下に例を示します。
RUN_FIRSTBOOT=NO
システムの初回起動時に、init プログラムは /etc/rc.d/init.d/firstboot スクリプトを呼び出します。これは、/etc/sysconfig/firstboot ファイルを検索します。このファイルに RUN_FIRSTBOOT=NO オプションが含まれていない場合は、firstboot プログラムが実行され、システムの初期設定でユーザーが提示されます。
firstboot プログラムを再び実行できます。
次回システム起動時に firstboot プログラムを起動するには、RUN_FIRSTBOOT オプションの値を YES に変更し、シェルプロンプトで以下を入力します。
~]# chkconfig firstboot on

D.1.7. /etc/sysconfig/i18n

/etc/sysconfig/i18n 設定ファイルは、デフォルトの言語、サポートされる言語、およびデフォルトのシステムフォントを定義します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
pidgin=value
デフォルトの言語。以下に例を示します。
LANG="en_US.UTF-8"
SUPPORTED=
サポートされる言語のコロン区切りリスト。以下に例を示します。
SUPPORTED="en_US.UTF-8:en_US:en"
SYSFONT=value
デフォルトのシステムフォントです。以下に例を示します。
SYSFONT="latarcyrheb-sun16"

D.1.8. /etc/sysconfig/init

/etc/sysconfig/init ファイルは、システムの起動プロセス中にどのように表示され、機能するかを制御します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
BOOTUP=
起動スタイル。値は色(標準の ブート表示)、verbose (より多くの情報を提供する古いスタイル表示)、または ANSI フォーマットなしの新しいスタイルの表示にはその他のものである必要があります。以下に例を示します。
BOOTUP=color
RES_COL=value
ステータスラベルが開始される列の数。以下に例を示します。
RES_COL=60
MOVE_TO_COL=value
カーソルを RES_COL で指定された列に移動するターミナルシーケンス(上記を参照)。以下に例を示します。
MOVE_TO_COL="echo -en \\033[${RES_COL}G"
SETCOLOR_SUCCESS=value
成功の色を設定するターミナルシーケンス。以下に例を示します。
SETCOLOR_SUCCESS="echo -en \\033[0;32m"
SETCOLOR_FAILURE=value
失敗の色を設定するターミナルシーケンス。以下に例を示します。
SETCOLOR_FAILURE="echo -en \\033[0;31m"
SETCOLOR_WARNING=value
警告の色を設定するターミナルシーケンス。以下に例を示します。
SETCOLOR_WARNING="echo -en \\033[0;33m"
SETCOLOR_NORMAL=value
デフォルトの色を設定するターミナルシーケンス。以下に例を示します。
SETCOLOR_NORMAL="echo -en \\033[0;39m"
LOGLEVEL=value
コンソールの初期のロギングレベル。1 (カーネルパニックのみ)から 8 (デバッグ情報を含むすべて)の範囲にある必要があります。以下に例を示します。
LOGLEVEL=3
PROMPT=boolean
ホットキーの起動を有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
PROMPT=yes
AUTOSWAP=boolean
スワップ署名のあるデバイスを有効(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
AUTOSWAP=no
ACTIVE_CONSOLES=value
アクティブなコンソールの一覧。以下に例を示します。
ACTIVE_CONSOLES=/dev/tty[1-6]
SINGLE=value
シングルユーザーモードのタイプ。/sbin/sulogin (ログインするパスワードの入力を求めるプロンプトが出されます)または /sbin/sushell (ユーザーを直接ログイン)のいずれかにする必要があります。以下に例を示します。
SINGLE=/sbin/sushell

D.1.9. /etc/sysconfig/ip6tables-config

/etc/sysconfig/ip6tables-config ファイルには、システムの起動時に IPv6 パケットフィルタリングを設定する、または ip6tables サービスが開始されるたびに、カーネルが使用する情報を保存します。ip6tables ルールに精通していない限り、変更しないでください。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
IP6TABLES_MODULES=value
ファイアウォールルールの適用後に読み込まれるヘルパーのスペース区切りリスト。以下に例を示します。
IP6TABLES_MODULES="ip_nat_ftp ip_nat_irc"
IP6TABLES_MODULES_UNLOAD=boolean
ファイアウォールが停止または再起動時にアンロードされる(yes)モジュールまたは無効化(no)モジュールのアンロードを行うブール値。以下に例を示します。
IP6TABLES_MODULES_UNLOAD="yes"
IP6TABLES_SAVE_ON_STOP=boolean
ファイアウォールが停止したとき、現在のファイアウォールルールを有効化または無効化(no)するブール値。以下に例を示します。
IP6TABLES_SAVE_ON_STOP="no"
IP6TABLES_SAVE_ON_RESTART=boolean
ファイアウォールが再起動すると現在のファイアウォールルールを有効化または無効化(no)するブール値。以下に例を示します。
IP6TABLES_SAVE_ON_RESTART="no"
IP6TABLES_SAVE_COUNTER=boolean
ルールカウンターとチェーンカウンターを保存するブール値(yes)または無効(no)以下に例を示します。
IP6TABLES_SAVE_COUNTER="no"
IP6TABLES_STATUS_NUMERIC=boolean
ステータス出力の IP アドレスおよびポート番号を有効化または無効化(no)するブール値。以下に例を示します。
IP6TABLES_STATUS_NUMERIC="yes"
IP6TABLES_STATUS_VERBOSE=boolean
ステータスの出力でパケット数およびバイト数に関する情報を出力するブール値(yes)または無効(no)以下に例を示します。
IP6TABLES_STATUS_VERBOSE="no"
IP6TABLES_STATUS_LINENUMBERS=boolean
ステータス出力の行番号を表示(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
IP6TABLES_STATUS_LINENUMBERS="yes"
ip6tables コマンドを使用してルールを作成します。
ip6tables コマンドを使用して、手動でルールを作成できます。作成したら、シェルプロンプトで以下を入力します。
~]# service ip6tables save
これにより、ルールが /etc/sysconfig/ip6tables に追加されます。このファイルが存在しても、それに保存されているファイアウォールルールは、システムの再起動やサービスの再起動で維持されます。

D.1.10. /etc/sysconfig/kernel

/etc/sysconfig/kernel 設定ファイルは、以下の 2 つのオプションを使用して、システムの起動時にカーネルの選択を制御します。
UPDATEDEFAULT=yes
このオプションでは、ブートエントリーの選択で、新たにインストールしたカーネルがデフォルトになります。
DEFAULTKERNEL=kernel
このオプションは、デフォルトとして使用するパッケージタイプを指定します。

D.1.10.1. 古いカーネルバージョンをデフォルトとして維持

ブートエントリーの選択で、古いカーネルバージョンをデフォルトとして維持するには、以下を実行します。
  • 以下のように /etc/sysconfig/kernel の UPDATEDEFAULT オプションをコメントアウトします。
                                # UPDATEDEFAULT=yes
    

D.1.10.2. カーネルデバッガーをデフォルトカーネルとして設定

ブートエントリーの選択で、カーネルデバッガーをデフォルトのカーネルとして設定するには、以下を行います。
  • 以下のように /etc/sysconfig/kernel 設定ファイルを編集します。
                                DEFAULTKERNEL=kernel-debug
    

D.1.11. /etc/sysconfig/keyboard

/etc/sysconfig/keyboard ファイルは、キーボードの動作を制御します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
KEYTABLE=value
キーテーブルファイルの名前。キーテーブルとして使用できるファイルは /lib/kbd/keymaps/i386/ ディレクトリーで開始され、そこから異なるキーボードレイアウトにブランチされ ますKEYTABLE 設定に一致する最初のファイル名が使用されます。以下に例を示します。
KEYTABLE="us"
MODEL=value
キーボードモデル。以下に例を示します。
MODEL="pc105+inet"
LAYOUT=value
キーボードレイアウト。以下に例を示します。
LAYOUT="us"
KEYBOARDTYPE=value
キーボードタイプ。使用できる値は pc (PS/2 キーボード)または sun (Sun キーボード)です。以下に例を示します。
KEYBOARDTYPE="pc"

D.1.12. /etc/sysconfig/ldap

/etc/sysconfig/ldap ファイルは、LDAP サーバーの基本設定を保持します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
SLAPD_OPTIONS=value
slapd デーモンに渡される追加のオプション。以下に例を示します。
SLAPD_OPTIONS="-4"
SLURPD_OPTIONS=value
slurpd デーモンに渡す追加のオプション。以下に例を示します。
SLURPD_OPTIONS=""
SLAPD_LDAP=boolean
LDAP over TCP( ldap:///)を使用して有効化(yes)または無効(no)するブール値。以下に例を示します。
SLAPD_LDAP="yes"
SLAPD_LDAPI=boolean
LDAP over IPC(ldapi:///)を使用して有効または無効にするブール値(つまり ldapi:///)以下に例を示します。
SLAPD_LDAPI="no"
SLAPD_LDAPS=boolean
LDAP over TLS(ldaps:///)を使用して有効または無効にするブール値(つまり ldaps:///)以下に例を示します。
SLAPD_LDAPS="no"
SLAPD_URLS=value
URL のスペース区切りの一覧。以下に例を示します。
SLAPD_URLS="ldapi:///var/lib/ldap_root/ldapi ldapi:/// ldaps:///"
SLAPD_SHUTDOWN_TIMEOUT=value
slapd がシャットダウンするのを待つ時間。以下に例を示します。
SLAPD_SHUTDOWN_TIMEOUT=3
SLAPD_ULIMIT_SETTINGS=value
slapd デーモンを起動する前に ulimit に渡されるパラメーター。以下に例を示します。
SLAPD_ULIMIT_SETTINGS=""
LDAP およびその設定の詳細は、「OpenLDAP」 を参照してください。

D.1.13. /etc/sysconfig/named

/etc/sysconfig/named ファイルは、システムの起動時に名前 付き デーモンに引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
ROOTDIR=value
名前付き デーモンが実行される chroot 環境。 は完全なディレクトリーパスでなければなりません。以下に例を示します。
ROOTDIR="/var/named/chroot"
chroot 環境を先に設定する必要があります(詳細は、シェルプロンプトで info chroot と入力します)。
OPTIONS=value
名前付き に渡す追加のオプション。以下に例を示します。
OPTIONS="-6"
-t オプションは使用しないでください。代わりに、上記のように ROOTDIR を使用します。
KEYTAB_FILE=value
キータブファイル名。以下に例を示します。
KEYTAB_FILE="/etc/named.keytab"
BIND DNS サーバーとその設定の詳細は、「BIND」 を参照してください。

D.1.14. /etc/sysconfig/network

/etc/sysconfig/network ファイルは、必要なネットワーク設定に関する情報を指定するために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
network networkING=boolean
ネットワークを有効化または無効化するブール値(yes)または無効(no)です。以下に例を示します。
NETWORKING=yes
HOSTNAME=value
マシンのホスト名。以下に例を示します。
HOSTNAME=penguin.example.com
このファイルには、以下のオプションの一部を含めることもできます。
GATEWAY=
ネットワークのゲートウェイの IP アドレス。以下に例を示します。
GATEWAY=192.168.1.1
これは、インターフェースの ifcfg ファイルに GATEWAY ディレクティブがない場合に、デフォルトゲートウェイとして使用されます。
NM_BOND_VLAN_ENABLED=boolean
ボンディング、ブリッジ、VLAN インターフェースの検出および管理を NetworkManager アプリケーションが許可(yes)または禁止(no)するブール値。以下に例を示します。
NM_BOND_VLAN_ENABLED=yes
NM_CONTROLLED ディレクティブは、このオプションによって異なります。
注記
IPv6 を完全に無効にする場合は、以下の行を /etc/sysctl.conf に追加する必要があります。
net.ipv6.conf.all.disable_ipv6=1
net.ipv6.conf.default.disable_ipv6=1
さらに、カーネルコマンドラインに ipv6.disable=1 を追加すると、IPv6 を実装するカーネルモジュール net-pf-10 が無効になります。
カスタム init スクリプトの使用を回避
ネットワーク設定には、カスタムの init スクリプトを使用しないでください。ブート後ネットワークサービスの再起動を実行する際に、ネットワーク init スクリプト外で実行されるネットワーク設定をカスタム init スクリプトを設定すると、予期しない結果が得られます。

D.1.15. /etc/sysconfig/ntpd

/etc/sysconfig/ntpd ファイルは、システムの起動時に ntpd デーモンに引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
OPTIONS=value
ntpd に渡される追加のオプション。以下に例を示します。
OPTIONS="-u ntp:ntp -p /var/run/ntpd.pid -g"
ntpd デーモンの設定方法に関する詳細は、「ネットワーク時刻プロトコルのプロパティ」 または 「ネットワーク時刻プロトコルの設定」 を参照してください。

D.1.16. /etc/sysconfig/quagga

/etc/sysconfig/quagga ファイルは、Quagga デーモンの基本設定を保持します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
QCONFDIR=value
Quagga デーモンの設定ファイルが含まれるディレクトリー。以下に例を示します。
QCONFDIR="/etc/quagga"
BGPD_OPTS=value
bgpd デーモンに渡すその他のオプション。以下に例を示します。
BGPD_OPTS="-A 127.0.0.1 -f ${QCONFDIR}/bgpd.conf"
OSPF6D_OPTS=value
ospf6d デーモンに渡される追加のオプション。以下に例を示します。
OSPF6D_OPTS="-A ::1 -f ${QCONFDIR}/ospf6d.conf"
OSPFD_OPTS=value
ospfd デーモンに渡される追加のオプション。以下に例を示します。
OSPFD_OPTS="-A 127.0.0.1 -f ${QCONFDIR}/ospfd.conf"
RIPD_OPTS=value
ripd デーモンに渡す追加のオプション。以下に例を示します。
RIPD_OPTS="-A 127.0.0.1 -f ${QCONFDIR}/ripd.conf"
RIPNGD_OPTS=value
ripngd デーモンに渡される追加のオプション。以下に例を示します。
RIPNGD_OPTS="-A ::1 -f ${QCONFDIR}/ripngd.conf"
ZEBRA_OPTS=value
zebra デーモンに渡される追加オプション。以下に例を示します。
ZEBRA_OPTS="-A 127.0.0.1 -f ${QCONFDIR}/zebra.conf"
ISISD_OPTS=value
isisd デーモンに渡される追加オプション。以下に例を示します。
ISISD_OPTS="-A ::1 -f ${QCONFDIR}/isisd.conf"
WATCH_OPTS=value
watchquagga デーモンに渡される追加オプション。以下に例を示します。
WATCH_OPTS="-Az -b_ -r/sbin/service_%s_restart -s/sbin/service_%s_start -k/sbin/service_%s_stop"
WATCH_DAEMONS=value
監視されるデーモンのスペース区切りの一覧。以下に例を示します。
WATCH_DAEMONS="zebra bgpd ospfd ospf6d ripd ripngd"

D.1.17. /etc/sysconfig/radvd

/etc/sysconfig/radvd ファイルを使用して、システムの起動時に radvd デーモンに引数を渡します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
OPTIONS=value
radvd デーモンに渡す追加のオプション。以下に例を示します。
OPTIONS="-u radvd"

D.1.18. /etc/sysconfig/samba

/etc/sysconfig/samba ファイルを使用して、システムの起動時に Samba デーモンに引数を渡します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
SMBDOPTIONS=value
smbd に渡される追加のオプション。以下に例を示します。
SMBDOPTIONS="-D"
NMBDOPTIONS=
nmbd に渡される追加のオプション。以下に例を示します。
NMBDOPTIONS="-D"
WINBINDOPTIONS=
winbindd に渡す追加のオプション。以下に例を示します。
WINBINDOPTIONS=""
Samba およびその設定の詳細は、「Samba」 を参照してください。

D.1.19. /etc/sysconfig/saslauthd

/etc/sysconfig/saslauthd ファイルは、SASL 認証サーバーである saslauthd に渡される引数を制御するために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
SOCKETDIR=value
saslauthd 's listening socket のディレクトリー。以下に例を示します。
SOCKETDIR=/var/run/saslauthd
MECH=value
ユーザーパスワードの検証に使用する認証メカニズム。以下に例を示します。
MECH=pam
DAEMONOPTS=value
saslauthd サービスを起動するために /etc/rc.d/init.d/saslauthd init スクリプトによって使用される daemon() 関数に渡されるオプション。以下に例を示します。
DAEMONOPTS="--user saslauth"
FLAGS=value
saslauthd サービスに渡される追加のオプション。以下に例を示します。
FLAGS=

D.1.20. /etc/sysconfig/selinux

/etc/sysconfig/selinux ファイルには、SELinux の基本設定オプションが含まれます。これは /etc/selinux/config へのシンボリックリンクで、デフォルトでは以下のオプションが含まれます。
SELINUX=value
セキュリティーポリシー。この には、Enforcing (セキュリティーポリシーは常に強制される)、Permissive (ポリシーの強制、適切な警告が表示される)、または disabled (ポリシーが使用されない)のいずれかを使用できます。以下に例を示します。
SELINUX=enforcing
SELINUXTYPE=
保護タイプ。この は、ターゲット(対象 のプロセスが保護されています)または ml(複数レベルの セキュリティー保護)のいずれかにすることができます。以下に例を示します。
SELINUXTYPE=targeted

D.1.21. /etc/sysconfig/sendmail

/etc/sysconfig/sendmail は、Sendmail アプリケーションのデフォルト値を設定するのに使用されます。デフォルトでは、以下の値が含まれます。
DAEMON=boolean
sendmail をデーモンとして実行させるブール値(yes)または無効(no)以下に例を示します。
DAEMON=yes
QUEUE=value
メッセージを処理する間隔。以下に例を示します。
QUEUE=1h
Sendmail およびその設定の詳細は、「Sendmail」 を参照してください。

D.1.22. /etc/sysconfig/spamassassin

/etc/sysconfig/spamassassin ファイルは、システムの起動時に、pam d デーモン(デーモン化されたバージョンの Spamassassin)に引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
SPAMDOPTIONS=value
spamd デーモンに渡される追加のオプション。以下に例を示します。
SPAMDOPTIONS="-d -c -m5 -H"
Spamassassin およびその設定の詳細は、「spam フィルター」 を参照してください。

D.1.23. /etc/sysconfig/squid

/etc/sysconfig/squid ファイルを使用して、システムの起動時に squid デーモンに引数を渡します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
SQUID_OPTS=value
squid デーモンに渡す追加のオプション。以下に例を示します。
SQUID_OPTS=""
SQUID_SHUTDOWN_TIMEOUT=value
squid デーモンがシャットダウンするのを待つ時間。以下に例を示します。
SQUID_SHUTDOWN_TIMEOUT=100
SQUID_CONF=value
デフォルトの設定ファイルです。以下に例を示します。
SQUID_CONF="/etc/squid/squid.conf"

D.1.24. /etc/sysconfig/system-config-users

/etc/sysconfig/system-config-users ファイルは User Manager ユーティリティーの設定ファイルであるため、手動で編集しないでください。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
FILTER=ブール値
システムユーザーの有効(true)または無効(false)のフィルターを有効にするブール値。以下に例を示します。
FILTER=true
ASSIGN_HIGHEST_UID=boolean
新しく追加したユーザーに、利用可能な UID の最大数を割り当てるブール値(true)または無効(false)です。以下に例を示します。
ASSIGN_HIGHEST_UID=true
ASSIGN_HIGHEST_GID=boolean
新しく追加したグループに利用可能な最大 GID を割り当てる有効化(true)または無効(false)のブール値。以下に例を示します。
ASSIGN_HIGHEST_GID=true
PREFER_SAME_UID_GID=boolean
可能な場合は、新たに追加したユーザーに同じ UID と GID を使用して有効化(true)または無効(false)するブール値。以下に例を示します。
PREFER_SAME_UID_GID=true
User Manager およびその使用方法についての詳細は、「ユーザーマネージャーアプリケーションを使用したユーザーの管理」 を参照してください。

D.1.25. /etc/sysconfig/vncservers

/etc/sysconfig/vncservers ファイルは、仮想ネットワークコンピューティング (VNC)サーバーの起動方法を設定します。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
VNCSERVERS=value
スペースで区切られた 表示:ユーザー名 のペア以下に例を示します。
VNCSERVERS="2:myusername"
VNCSERVERARGS[display]=value
指定された ディスプレイ で実行している VNC サーバーに渡される追加の引数。以下に例を示します。
VNCSERVERARGS[2]="-geometry 800x600 -nolisten tcp -localhost"

D.1.26. /etc/sysconfig/xinetd

/etc/sysconfig/xinetd ファイルは、システムの起動時に xinetd デーモンに引数を渡すために使用されます。デフォルトでは、以下のオプションが含まれます。
EXTRAOPTIONS=
xinetd に渡される追加オプション。以下に例を示します。
EXTRAOPTIONS=""
XINETD_LANG=value
xinetd が開始するすべてのサービスに渡すロケール情報。xinetd 環境からロケール情報を削除するには、空の文字列("")または none を使用できます。以下に例を示します。
XINETD_LANG="en_US"
xinetd サービスの設定方法は 12章サービスおよびデーモン を参照してください。