Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

B.2.2. インストールおよび設定ガイド

RPM パッケージには、通常 tree-1.5.3-2.el6.x86_64.rpm などのファイル名があります。ファイル名には、パッケージ名(ツリー)、バージョン(1.5.3)、リリース(2)、オペレーティングシステムのメジャーバージョン(el6)、および CPU アーキテクチャー(x86_64)が含まれます。
rpm-U オプションを使用すると、以下を行います。
  • システムの既存の古いパッケージを、新しいバージョンにアップグレードします。
  • 古いバージョンがインストールされていなくてもパッケージをインストールします。
つまり、rpm -U &lt ;rpm_file> は、パッケージに適した アップグレード または インストール のいずれかの機能を実行できます。
tree-1.5.3-2.el6.x86_64.rpm パッケージが現在のディレクトリーにある場合は、root としてログインし、rpm の決定どおりに tree パッケージをアップグレードまたはインストールします。
rpm -Uvh tree-1.5.3-2.el6.x86_64.rpm
適切にフォーマットされた RPM のインストールに -Uvh を使用
-v オプションおよび -h オプション( -Uと組み合わせる)により、rpm はより詳細な出力を出力し、ハッシュ記号を使用して進捗メーターを表示します。
アップグレード/インストールに成功すると、以下の出力が表示されます。
Preparing...                ########################################### [100%]
   1:tree                   ########################################### [100%]
常に -i(install)オプションを使用して新しいカーネルパッケージをインストールします。
RPM では、パッケージのインストールには、前述した -U オプション(以前は アップグレードを示す -U オプション)と、-i オプション( インストール の必要あり)の 2 種類のオプションを利用できます。-U オプションはインストールおよびアップグレード機能の両方を使用するため、kernel パッケージ 以外 のすべてのパッケージで rpm -Uvh を使用することが推奨されます。
-i オプションを使用して、アップグレードせずに新しいカーネルパッケージを インストール する必要があります。これは、-U オプションを使用してカーネルパッケージをアップグレードすると、以前の(以前の)カーネルパッケージが削除され、新しいカーネルに問題がある場合にシステムが起動できなくなる可能性があるためです。したがって、rpm -i < kernel_package> コマンドを 使用して、古い kernel パッケージを置き換え に新しいカーネルをインストールします。kernel パッケージのインストールの詳細は、30章カーネルの手動によるアップグレード を参照してください。
パッケージのインストールまたはアップグレード時に、パッケージの署名が自動的にチェックされます。署名は、パッケージが承認されたパーティーによって署名されていることを確認します。たとえば、署名の検証に失敗した場合、以下のようなエラーメッセージが表示されます。
error: tree-1.5.3-2.el6.x86_64.rpm: Header V3 RSA/SHA256 signature: BAD, key ID
d22e77f2
新しいヘッダーのみの署名の場合は、以下のようなエラーメッセージが表示されます。
error: tree-1.5.3-2.el6.x86_64.rpm: Header V3 RSA/SHA256 signature: BAD,
key ID d22e77f2
署名を検証するために適切なキーがインストールされていない場合、メッセージには NOKEY という単語が含まれます。
warning: tree-1.5.3-2.el6.x86_64.rpm: Header V3 RSA/SHA1 signature: NOKEY, key ID 57bbccba
パッケージの署名の確認に関する詳細は、「パッケージの署名の確認」 を参照してください。

B.2.2.1. インストールされているパッケージ

同じ名前のパッケージがすでにインストールされている場合は、以下の出力が表示されます。
Preparing...                ########################################### [100%]
  package tree-1.5.3-2.el6.x86_64 is already installed
ただし、パッケージをインストールする場合は、--replacepkgs オプションを使用できます。これにより、RPM にエラーを無視するように指示します。
rpm -Uvh --replacepkgs tree-1.5.3-2.el6.x86_64.rpm
このオプションは、RPM からインストールされたファイルが削除された場合や、RPM から元の設定ファイルをインストールする場合に便利です。