Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.3.7. Samba (SMB) プリンターの追加

Samba プリンターを追加するには、以下の手順を実行します:
  1. 新規プリンター ダイアログを開きます (「プリンター設定の開始」 を参照)。
  2. 左側の一覧で、ネットワークプリンターSAMBA 経由の Windows プリンター の順に選択します。
  3. smb:// フィールドに SMB アドレスを入力します。入力形式は computer name/printer share にします。図18.8「SMB プリンターの追加」 では、computer namedellboxprinter sharer2 です。
    SMB プリンターの追加

    図18.8 SMB プリンターの追加

  4. 利用できるワークグループやドメインを確認するには、閲覧する (Browse) をクリックします。特定のホストのキューだけを表示させるには、ホスト名 (NetBios 名) を入力して、閲覧する をクリックします。
  5. 以下のオプションのどちらかを選択します。
    • 認証が必要は場合にはユーザーに催促する (Prompt user if authentication is required) を選択すると、文書を印刷する時にはユーザーはユーザー名とパスワードを提供することになります。
    • 認証の詳細を今設定します (Set authentication details now) を選択すると、今認証情報を提供するため後では入力が不必要となります。ユーザー名 フィールドで、ユーザー名を入力してプリンターにアクセスします。このユーザーは SMB システムで存在している必要があり、ユーザーはプリンターへのアクセス権限を持っている必要があります。デフォルトのユーザー名は通常 Windows サーバーでは guest または Samba サーバーでは nobody です。
  6. ユーザー名 フィールドに指定したユーザーの パスワード (必要な場合は) を入力します。

    警告

    Samba プリンターのユーザー名とパスワードはプリンターサーバーにルート及び lpd が読み取り可能な非暗号化ファイルとして保存されています。そのため、プリンターサーバーにルートアクセスを持つ他のユーザーは、 Samba プリンターへのアクセスに使用するユーザー名とパスワードを閲覧することができます。
    Samba プリンターへアクセスするためのユーザー名とパスワードを選択する場合は、ローカルの Red Hat Enterprise Linux システムにアクセスする時に使用するパスワードとは異なるパスワードを選ぶことをお勧めします。
    Samba 印刷サーバーで共有するファイルがある場合も、印刷キューで使用されるパスワードとは異なるパスワードを使用することが推奨されます。
  7. 確認 (Verify) をクリックし、接続をテストします。確認が成功すると、ダイアログボックスが表示され、プリンター共有のアクセスを確認します。
  8. 進む (Forward) をクリックします。
  9. プリンターのモデルを選択します。詳細は 「プリンターモデルの選択と完了」 を参照して下さい。