12.2.3. リモート接続に必要な SSH

SSH を真に有効にするためには、セキュリティ保護されていない接続プロトコルは使用しないことをお勧めします。そうしないと、ユーザーのパスワードは SSH を使用した 1 回のセッションでは保護されても、その後に Telnet を使用してログインした時には結局傍受されてしまうためです。無効にするサービスは、telnetrshrloginvsftpd などがあります。
これらのサービスを無効にするには、シェルプロンプトで次のコマンドを入力します:
~]# chkconfig telnet off
~]# chkconfig rsh off
~]# chkconfig rlogin off
~]# chkconfig vsftpd off
ランレベルとサービス設定全般に関する詳細は 10章サービスとデーモン を参照して下さい。