Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

31.6.2. カスタマイズされたモジュールの読み込み - 永続的な変更

カーネルモジュールが常に特定の設定で読み込まれるようにするには、/etc/modprobe.d/ ディレクトリーの既存ファイルまたは新たに作成されたファイルを、以下の形式の行で修正します。
~]# options <module_name> [parameter=value]
[parameter=value] は、そのモジュールで利用可能なカスタマイズされたパラメーターのリストを表します。
以下の手順では、ワイヤレスネットワーク用に Open Firmware 用の b43 モジュールにカスタムパラメーターを使用してカーネルモジュールを読み込む手順を説明します。これにより、モジュールの再読み込み間で変更が永続化されるようになります。

手順31.2 カスタムパラメーターを使用したカーネルモジュールの読み込み - 永続的な変更

  1. 以下の行を /etc/modprobe.d/openfwwf.conf ファイルに追加します。これにより、b43 モジュールは常に QoS で読み込まれ、ハードウェアアクセラレーション暗号が無効になります。
    options b43 nohwcrypt=1 qos=0
  2. 以下のコマンドを実行して、モジュールがまだカーネルに読み込まれていないことを確認します。
    ~]# lsmod|grep ^b43
    ~]#
    この例のコマンドの出力は、モジュールが現在カーネルに読み込まれていないことを示しています。
  3. モジュールがすでにカーネルに読み込まれている場合は、次のステップに進む前にモジュールとそのすべての依存関係をアンロードする必要があります。安全にアンロードする方法は、「モジュールのアンロード」 を参照してください。
  4. 以下のコマンドを実行して b43 モジュールを読み込みます。
    ~]# modprobe b43