Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

11.2.7. 802.1Q VLAN タグの設定

  1. 必要に応じて、root で以下のコマンドを実行し、VLAN 8021q モジュールを起動します。
    ~]# modprobe --first-time 8021q
    モジュールが実行されておらず、読み込まれたことを示す視覚的な出力はありません。正しい設定ファイルを指定すると、VLAN 8021q モジュールが必要に応じてロードされるため、個別に読み込む必要はありません。
  2. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethXで物理インターフェースを設定します。X は、以下のように、特定のインターフェースに対応する一意の番号に置き換えます。
    DEVICE=ethX
    TYPE=Ethernet
    BOOTPROTO=none
    ONBOOT=yes
  3. /etc/sysconfig/network-scripts で VLAN インターフェース設定を行います。設定ファイルには、物理インターフェースと . 文字、VLAN ID 番号を指定する必要があります。たとえば、VLAN ID が 192 で、物理インターフェースが eth0 の場合、設定ファイルのファイル名は ifcfg-eth0.192 になります。
    DEVICE=ethX.192
    BOOTPROTO=none
    ONBOOT=yes
    IPADDR=192.168.1.1
    NETMASK=255.255.255.0
    USERCTL=no
    NETWORK=192.168.1.0
    VLAN=yes
    同じインターフェース eth0 に 2 番目の VLAN(例: VLAN ID 193)を設定する必要がある場合には、VLAN 設定の詳細で eth0 .193 という名前の新規ファイルを追加します。
  4. 変更を反映するために、ネットワークサービスを再起動します。これには、root で以下のコマンドを発行します。
    ~]# service network restart