Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.16.2. NTP サービスへのレート制限アクセスの設定

システムで実行している NTP サービスへのレート制限アクセスを有効にするには、「NTP サービスへのアクセス制御の設定」 で説明されているように、limited オプションを restrict コマンドに追加します。デフォルトの discard パラメーターを使用したくない場合は、以下で説明するように discard コマンドも使用できます。
discard コマンドは以下の形式になります。
discard [average value] [minimum value] [monitor value]
  • average: 許可される最小限の平均パケット間隔を指定し、log2 秒の引数を取ります。デフォルト値は 3 です(23 は 8 秒に相当)。
  • minimum: 許可される最小限のパケット間隔を指定し、log2 秒の引数を取ります。デフォルト値は 1 です(21 は 2 秒に相当します)。
  • monitor: 許可されるレート制限を超えた場合のパケットの discard の確率を指定します。デフォルト値は、3000 秒です。このオプションは、1 秒あたり 1000 以上のリクエストを受信するサーバー用に用意されています。
discard コマンドの例を以下に示します。
discard average 4
discard average 4 minimum 2