Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

11.8. ethtool

ethtool はネットワークインターフェースカード (NIC)を設定するユーティリティーです。このユーティリティーを使用すると、多くのネットワークデバイス(特にイーサネットデバイス)で速度、ポート、オートネゴシエーション、PCI の場所、チェックサムオフロードなどの設定をクエリーおよび変更できます。
ここでは、ethtool コマンドがよく知られていない便利なコマンドとともに使用する簡単な選択を紹介します。ethtool -h のタイプの完全なリスト、または man ページの ethtool(8) を参照してください。より包括的な一覧と説明は、を参照してください。最初の 2 つの例は情報クエリー で、さまざまな形式のコマンドの使用を表示します。
最初は、コマンド構造です。
ethtool [option...] devname
ここでの option は none またはそれ以上のオプションであり、devname はネットワークインターフェースカード(NIC)になります。以下に例を示します。 eth0 または em1.
ethtool
デバイス名がオプションとしてのみの ethtool コマンドは、指定されたデバイスの現在の設定を出力するために使用されます。以下の形式を取ります。
ethtool devname
ここで、devname はご自分の NIC に置き換えます。以下に例を示します。 eth0 または em1.
一部の値は、コマンドが root として実行された場合にのみ取得できます。以下のコマンドが root として実行された場合の出力の例を以下に示します。
~]# ethtool em1
Settings for em1:
	Supported ports: [ TP ]
	Supported link modes:   10baseT/Half 10baseT/Full
	                        100baseT/Half 100baseT/Full
	                        1000baseT/Full
	Supported pause frame use: No
	Supports auto-negotiation: Yes
	Advertised link modes:  10baseT/Half 10baseT/Full
	                        100baseT/Half 100baseT/Full
	                        1000baseT/Full
	Advertised pause frame use: No
	Advertised auto-negotiation: Yes
	Speed: 1000Mb/s
	Duplex: Full
	Port: Twisted Pair
	PHYAD: 2
	Transceiver: internal
	Auto-negotiation: on
	MDI-X: on
	Supports Wake-on: pumbg
	Wake-on: g
	Current message level: 0x00000007 (7)
			       drv probe link
	Link detected: yes
引数の短い形式または長い形式で以下のコマンドを実行し、指定されたネットワークデバイスに関連するドライバー情報についてクエリーします。
ethtool -i, --driver devname
devname は、ネットワークインターフェースカード(NIC)に置き換えます。以下に例を示します。 eth0 または em1.
以下は出力例です。
~]$ ethtool -i em1
driver: e1000e
version: 2.0.0-k
firmware-version: 0.13-3
bus-info: 0000:00:19.0
supports-statistics: yes
supports-test: yes
supports-eeprom-access: yes
supports-register-dump: yes
以下は、デバイスを識別し、リセットするコマンドオプションの一覧です。通常の -short 形式および --long 形式になります。
--statistics
--statistics または -S は、NIC およびドライバーの統計について指定されたネットワークデバイスをクエリーします。以下の形式を取ります。
-S, --statistics devname
ここで、devname はご自分の NIC に置き換えます。
--identify
--identify または -p オプションは、Operator が sight によってアダプターを簡単に特定できるように、アダプター固有のアクションを開始します。通常、これには、指定されたネットワークポートで 1 つ以上の LED をブリンクする必要があります。以下の形式を取ります。
-p, --identify devname integer
ここでの integer は、アクションを実行する時間(秒単位)です。
また、devname はご自分の NIC です。
--show-time-stamping
--show-time-stamping または -T オプションは、指定されたネットワークデバイスにタイムスタンプのパラメーターについてクエリーします。以下の形式を取ります。
-T, --show-time-stamping devname
ここで、devname はご自分の NIC に置き換えます。
--show-offload
--show-features または --show-offload または -k オプションは、指定されたネットワークデバイスに、プロトコルオフロードおよびその他の機能についてクエリーします。以下の形式を取ります。
-k, --show-features, --show-offload devname
ここで、devname はご自分の NIC に置き換えます。
--test
--test または -t オプションは、ネットワークインターフェースカードでテストを実行するために使用されます。以下の形式を取ります。
-t, --test devname word
ここでの 単語 は以下のいずれかになります。
  • オフライン: 包括的なテストを実行します。サービスが中断されます。
  • オンライン: テストの縮小されたセットを実行します。サービスが中断されないでください。
  • external_lb: ループバックケーブルに適合しながら、ループバックテストを含むテストの完全セットを実行します。
また、devname はご自分の NIC です。
指定したネットワークデバイスの設定の一部またはすべての設定を変更するには、-s または --change オプションが必要です。以下のオプションはすべて、-s または --change オプションが指定されている場合にのみ適用されます。分かりやすくするために、ここでは省略します。
これらの設定を永続化するには、ETHTOOL_OPTS ディレクティブを使用します。インターフェース設定ファイルで使用して、ネットワークインターフェースの起動時に必要なオプションを設定できます。このディレクティブの使用方法は、「イーサネットインターフェース」 を参照してください。
--offload
--features、または --offload オプション、または -K オプションは、オフロードパラメーターと、指定したネットワークデバイスのその他の機能を変更します。以下の形式を取ります。
-K, --features, --offload devname feature boolean
feature は組み込み機能またはカーネルが提供する機能です。
booleanON または OFF のいずれかです。
また、devname はご自分の NIC です。
man ページの ethtool(8)に は、ほとんどの機能が記載されています。機能セットは NIC ドライバーに依存するため、man ページに記載されていない機能についてはドライバーのドキュメントを参照してください。
--speed
--speed オプションは、1 秒あたりのメガバイト(Mb/s)の速度を設定するために使用されます。速度値を省略すると、対応しているデバイス速度が表示されます。以下の形式を取ります。
--speed number devname
ここでの number は、1 秒あたりのメガバイト(Mb/s)の速度です。
また、devname はご自分の NIC です。
--duplex
--duplex オプションは、操作の送受信モードを設定するのに使用します。以下の形式を取ります。
 --duplex word devname
ここでの 単語 は以下のいずれかになります。
  • half: half-duplex モードを設定します。通常、ハブに接続するときに使用されます。
  • full: 完全 duplex モードを設定します。通常、スイッチまたは別のホストに接続する場合に使用します。
また、devname はご自分の NIC です。
--port
--port オプションは、デバイスポートの選択に使用されます。以下の形式を取ります。
--port value devname
value は以下のいずれかになります。
  • TP - Twisted-Pair ケーブルをメディアとして使用するイーサネットインターフェース。
  • A ui - Attachment Unit Interface(AUI)。通常はハブで使用されます。
  • Bnc: BNC コネクターおよび共存ケーブルを使用するイーサネットインターフェース。
  • MII: Media Independent Interface(MII)を使用するイーサネットインターフェース。
  • Fibre: メディアに Optical Fibre を使用するイーサネットインターフェース。
また、devname はご自分の NIC です。
--autoneg
--autoneg オプションは、ネットワーク速度とモード(full-duplex または half-duplex モード)の自動ネゴシエーションを制御するために使用されます。オートネゴシエーションが有効な場合は、-r, --negotiate オプションを使用して、ネットワーク速度と操作のモードの再ネゴシエーションを開始できます。--a, --show-pause オプションを使用して自動ネゴシエーションの状態を表示できます。
以下の形式を取ります。
--autoneg value devname
value は以下のいずれかになります。
  • はい: ネットワーク速度と操作モードの自動ネゴシエーションを許可します。
  • No: ネットワーク速度および操作モードの自動ネゴシエーションを許可しません。
また、devname はご自分の NIC です。
--advertise
--advertise オプションは、自動ネゴシエーション用に公開される操作の速度およびモード(duplex モード)を設定するために使用されます。引数は、表11.1「ethtool アドバタイズオプション: 動作の速度とモード」 の 1 つ以上の 16 進数値です。
以下の形式を取ります。
--advertise option devname
ここでの option は、以下の表の 16 進数の値の 1 つまたは複数で、devname はご自分の NIC になります。

表11.1 ethtool アドバタイズオプション: 動作の速度とモード

16 進値 速度 duplex モード IEEE standard?
0x001 10
半分
0x002 10
Full
0x004 100
半分
0x008 100
Full
0x010 1000 半分
0x020 1000
Full
0x8000 2500 Full
0x1000 10000 Full
0x20000 20000MLD2 Full
0x20000 20000MLD2 Full
0x40000 20000KR2 Full
--phyad
--phyad オプションを使用して、物理アドレスを変更します。多くの場合は MAC またはハードウェアアドレスと呼ばれますが、このコンテキストは物理アドレスと呼ばれます。
以下の形式を取ります。
--phyad physical_address devname
physical_address は 16 進数形式の物理アドレスで、devname はご自分の NIC に置き換えます。
--xcvr
--xcvr オプションは、transceiver タイプを選択するために使用されます。現在、内部 および 外部 のみを指定できます。他のタイプが追加される可能性があります。
以下の形式を取ります。
--xcvr word devname
ここでの 単語 は以下のいずれかになります。
  • internal: 内部トランザクションを使用します。
  • external: 外部トランザクションを使用します。
また、devname はご自分の NIC です。
--wol
--wol オプションは、Wake-on-LAN オプションを設定します。すべてのデバイスがこれをサポートしているわけではありません。このオプションの引数は、有効にするオプションを指定する文字の文字列です。
以下の形式を取ります。
--wol value devname
value は、以下のいずれかになります。
  • P - PHY アクティビティーでウェイクします。
  • U - ユニキャストメッセージの Wake。
  • m - マルチキャストメッセージの Wake。
  • b - ブロードキャストメッセージの場合
  • g - Wake-on-Lan; 「マジックパケット」の受信時にウェイクします。
  • s - Wake-on-Lan のパスワードを使用してセキュリティー機能を有効にします。
  • D - Wake-on-Lan を無効にし、すべての設定を消去します。
また、devname はご自分の NIC です。
--sopass
--sopass オプションを使用して SecureOn パスワードを設定します。このオプションの引数は、イーサネット MAC 16 フォーマットの 6 バイトでなければなりません(xx:yy:zz:aa:bb:cc)。
以下の形式を取ります。
--sopass xx:yy:zz:aa:bb:cc devname
ここで、xx:y:zz:aa:bb:cc は MAC アドレスと同じ形式のパスワードで、devname はご自分の NIC です。
--msglvl
--msglvl オプションは、名前または数字でドライバーの message-type フラグを設定するのに使用します。これらのタイプフラグの正確な意味はドライバーによって異なります。
以下の形式を取ります。
--msglvl message_type devname
ここで、message_type は以下のいずれかになります。
  • メッセージタイプ名(プレーンテキスト)。
  • メッセージタイプを示す 16 進数。
また、devname はご自分の NIC です。
定義されたメッセージタイプ名と数字を以下の表に示します。

表11.2 ドライバーメッセージタイプ

メッセージタイプ 16 進値 説明
drv 0x0001
一般的なドライバーのステータス
probe 0x0002
ハードウェアプローブ
リンク 0x0004
リンク状態
timer 0x0008
Periodic status check
ifdown 0x0010 停止中のインターフェース
ifup 0x0020
起動中のインターフェース
rx_err 0x0040 受信エラー
tx_err 0x0080 送信エラー
intr 0x0200 割り込み処理
tx_done 0x0400 送信の完了
rx_status 0x0800 受信の完了
pktdata 0x1000 パケットの内容
hw 0x2000 ハードウェアのステータス
wol 0x4000 wake-on-LAN ステータス