Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

19.4.3. findmnt コマンドの使用

findmnt コマンドは、現在マウントされているファイルシステムの一覧を表示します。シェルプロンプトで以下を入力します。
findmnt
一覧表示された各ファイルシステムについて findmnt コマンドが表示するのは、次のとおりです。マウントポイント先 (TARGET)、ソースデバイス (SOURCE)、ファイルシステムのタイプ (FSTYPE)、関連するマウントオプション (OPTIONS) です。例えば以下のとおりです。
~]$ findmnt
TARGET                       SOURCE                     FSTYPE   OPTIONS
/                            /dev/mapper/vg_kvm-lv_root ext4     rw,relatime,sec
|-/proc                      /proc                      proc     rw,relatime
| |-/proc/bus/usb            /proc/bus/usb              usbfs    rw,relatime
| `-/proc/sys/fs/binfmt_misc                            binfmt_m rw,relatime
|-/sys                       /sys                       sysfs    rw,relatime,sec
|-/selinux                                              selinuxf rw,relatime
|-/dev                       udev                       devtmpfs rw,relatime,sec
| `-/dev                     udev                       devtmpfs rw,relatime,sec
|   |-/dev/pts               devpts                     devpts   rw,relatime,sec
|   `-/dev/shm               tmpfs                      tmpfs    rw,relatime,sec
|-/boot                      /dev/vda1                  ext4     rw,relatime,sec
|-/var/lib/nfs/rpc_pipefs    sunrpc                     rpc_pipe rw,relatime
|-/misc                      /etc/auto.misc             autofs   rw,relatime,fd=
`-/net                       -hosts                     autofs   rw,relatime,fd=
[出力は省略されています]
デフォルトでは、findmnt はツリーのような形式でファイルシステムを一覧表示します。通常の一覧として表示するには、-l コマンドラインオプションを追加します。
findmnt -l
例えば以下のようにします:
~]$ findmnt -l
TARGET                   SOURCE                     FSTYPE   OPTIONS
/proc                    /proc                      proc     rw,relatime
/sys                     /sys                       sysfs    rw,relatime,seclabe
/dev                     udev                       devtmpfs rw,relatime,seclabe
/dev/pts                 devpts                     devpts   rw,relatime,seclabe
/dev/shm                 tmpfs                      tmpfs    rw,relatime,seclabe
/                        /dev/mapper/vg_kvm-lv_root ext4     rw,relatime,seclabe
/selinux                                            selinuxf rw,relatime
/dev                     udev                       devtmpfs rw,relatime,seclabe
/proc/bus/usb            /proc/bus/usb              usbfs    rw,relatime
/boot                    /dev/vda1                  ext4     rw,relatime,seclabe
/proc/sys/fs/binfmt_misc                            binfmt_m rw,relatime
/var/lib/nfs/rpc_pipefs  sunrpc                     rpc_pipe rw,relatime
/misc                    /etc/auto.misc             autofs   rw,relatime,fd=7,pg
/net                     -hosts                     autofs   rw,relatime,fd=13,p
[出力は省略されています]
特定のタイプのファイルシステムのみを一覧表示するよう選択することも可能です。そのためには、-t コマンドラインオプション、その次にファイルシステムのタイプを追加します。
findmnt -t type
例えば、ext4 ファイルシステムをすべて表示するには以下を入力します。
~]$ findmnt -t ext4
TARGET SOURCE                     FSTYPE OPTIONS
/      /dev/mapper/vg_kvm-lv_root ext4   rw,relatime,seclabel,barrier=1,data=ord
/boot  /dev/vda1                  ext4   rw,relatime,seclabel,barrier=1,data=ord
利用可能なコマンドラインオプションの全一覧は、findmnt(8) の man ページを参照してください。