7.2.5. トランザクションログの表示

PackageKit は、実行するトランザクションのログを維持します。ログを表示するには、ソフトウェアの追加/削除 ウィンドウから システムソフトウェアログ をクリックするか、シェルプロンプトで gpk-log コマンドを実行します。
ソフトウェアログビューア は以下の情報を表示します。
  • 日付 — トランザクションが実行された日付。
  • アクション — トランザクション中に実行されたアクション。例としては、Updated packages (パッケージの更新) Installed packages (パッケージのインストール)
  • 詳細Updated (更新) Installed (インストール) Removed (削除) などのトランザクションの種類の後に、対象となるパッケージ一覧を表示。
  • ユーザー名 — アクションを実行したユーザーの名前。
  • アプリケーション — アクションの実行に使用されたフロントエンドアプリケーション。例えば、Update System (システム更新)
最上部のテキスト入力欄にパッケージ名を入力すると、トランザクションの一覧がフィルターされ、パッケージに影響があったトランザクションログを表示します。
ソフトウェアログビューアを使ったパッケージ管理のトランザクションログの表示

図7.10 ソフトウェアログビューアを使ったパッケージ管理のトランザクションログの表示