Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

10.2.2. ntsysv ユーティリティの使用

ntsysv ユーティリティは、選択したランレベルで起動するサービスを設定するために使用する、シンプルなテキストユーザーインターフェースを使用するコマンドラインアプリケーションです。このユーティリティを開始するには、root でシェルプロンプトに ntsysv と入力します。
ntsysv ユーティリティ

図10.2 ntsysv ユーティリティ

このユーティリティにより、利用可能なサービス (/etc/rc.d/init.d/ ディレクトリからのサービス) の一覧と現在の状態、さらには F1 キーを押すと説明を表示することができます。使用される記号一覧とその意味の説明については 表10.3「サービスの状態」 を参照して下さい。

表10.3 サービスの状態

記号 詳細
[*] このサービスは有効です
[ ] このサービスは無効です

10.2.2.1. サービスの有効化と無効化

サービスを有効にするには、上向き下向き の矢印キーを使用して一覧を移動し、対象のサービスを スペースキー で選択します。括弧内にアスタリスク (*) が表示されます。
サービスを無効にするには、上向き下向き の矢印キーを使用して一覧を移動し、スペースキー で状態を切り替えます。括弧内のアスタリスク (*) が表示されなくなります。
手順が完了したら、Tab キーを使って Ok ボタンまで進み、Enter キーを押して変更を確定します。ntsysv は、実際にはサービスの開始や停止をしない点に注意して下さい。サービスを即時に起動、停止する必要がある場合は、「サービスの開始」 で説明したように service コマンドを使用します。

10.2.2.2. ランレベルの選択

デフォルトでは、ntsysv ユーティリティは現在のランレベルにのみ影響を及ぼします。他のランレベルでサービスを有効、無効にするには、root でコマンドに --level のオプションと、その後に設定する各ランレベルを示す 0 から 6 までの数字を追加して実行します。
ntsysv --level runlevels
例えばランレベル 3 と 5 を設定するには、以下のように入力します。
~]# ntsysv --level 35