Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.2.2. メール配信エージェント (Mail Delivery Agent)

MDA (Mail Delivery Agent メール配信エージェント) は MTA により呼び出され、適切なユーザーのメールボックスに受信メールをファイル保存します。多くの場合、MDA は実際には mail や Procmail などの LDA (Local Delivery Agent ローカル配信エージェント) です。
電子メールクライアントアプリケーションが読み取り可能なところに配信されるメッセージを実際に処理するプログラムはいずれも MDA と見なすことができます。このため、一部の MTA (Sendmail、Postfix など) は、ローカルユーザーのメールスプールファイルに新規の電子メールメッセージを追加する時に、MDA の役割を果たすことができます。通常、MDA はシステム間でのメッセージの転送やユーザーインターフェースの提供は行いません。MDA は、ローカルマシン上でメッセージの配信と並べ替えを行い、電子メールクライアントアプリケーションがアクセスできるようにします。