Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.12.6. ストレージボリュームのアップロードとダウンロード

このセクションでは、ストレージボリュームとの間で情報をアップロードおよびダウンロードする方法について説明します。

14.12.6.1. ストレージボリュームへのコンテンツのアップロード

vol-upload --pool pool-or-uuid --offset bytes --length bytes vol-name-or-key-or-path local-file コマンドは、指定された ローカルファイル の内容をストレージボリュームにアップロードします。このコマンドには、ボリュームが存在するストレージプールの名前または UUID である --pool pool-or-uuid が必要です。また、ワイプするボリュームの名前またはキーまたはパスである vol-name-or-key-or-path も必要です。--offset オプションは、データの書き込みを開始するストレージボリューム内の位置です。--length length は、アップロードされるデータ量の上限を示します。local-file が指定した --length よりも大きい場合は、エラーが発生します。