Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.16.17. ホストの物理マシンインターフェース

キャラクターデバイスは、ホストの物理マシンに、次のいずれかの形式で表示されます。

表20.23 キャラクターデバイスの要素

パラメーター説明XML スニペット
ドメインログファイルキャラクターデバイスのすべての入力を無効にし、仮想マシンのログファイルに出力を送信します
      			   	   <devices>
      			   	      <console type='stdio'>
      			   	         <target port='1'/>
                           </console>
                        </devices>
デバイスログファイルファイルが開かれ、キャラクターデバイスに送信したすべてのデータがファイルに書き込まれます。
      			   	   <devices>
      			   	      <serial type="file">
      			   	         <source path="/var/log/vm/vm-serial.log"/>
      			   	         <target port="1"/>
      			   	      </serial>
      			   	   </devices>
仮想コンソールキャラクターデバイスを仮想コンソールのグラフィカルフレームバッファーに接続します。通常、これには "ctrl+alt+3" のような特別なホットキーシーケンスを介してアクセスします。
      			   	   <devices>
      			   	      <serial type='vc'>
                              <target port="1"/>
                           </serial>
                        </devices>
Null デバイスキャラクターデバイスをボイドに接続します。入力にデータが提供されることはありません。書き込まれたデータはすべて破棄されます。
                        <devices>
                           <serial type='null'>
                              <target port="1"/>
                           </serial>
                        </devices>
擬似 TTY疑似 TTY は、/dev/ptmx を使用して割り当てられます。virsh console などの適切なクライアントは、接続してローカルのシリアルポートと対話できます。
                        <devices>
                           <serial type="pty">
                              <source path="/dev/pts/3"/>
                              <target port="1"/>
                           </serial>
                        </devices>
NB 特殊ケースNB 特殊なケースで、<console type='pty'> の場合、TTY パスもトップレベルの <console> タグの属性 tty='/dev/pts/3' として複製されます。これにより、<console> タグの構文が簡略化されました。 
ホスト物理マシンのデバイスプロキシーキャラクターデバイスは、基本となる物理キャラクターデバイスに渡されます。エミュレートシリアルポートはホスト物理マシンのシリアルポートにのみ接続するなど、デバイスの種類が一致する必要があります。シリアルポートをパラレルポートに接続しないでください。
                        <devices>
                           <serial type="dev">
                              <source path="/dev/ttyS0"/>
                              <target port="1"/>
                           </serial>
                        </devices>
名前付きパイプキャラクターデバイスは、名前付きパイプに出力を書き込みます。詳細については、pipe(7) の man ページを参照してください。
                        <devices>
                           <serial type="pipe">
                              <source path="/tmp/mypipe"/>
                              <target port="1"/>
                           </serial>
                        </devices>
TCP クライアント/サーバーキャラクターデバイスは、リモートサーバーに接続する TCP クライアントとして機能します。
                        <devices>
                           <serial type="tcp">
                              <source mode="connect" host="0.0.0.0" service="2445"/>
                              <protocol type="raw"/>
                              <target port="1"/>
                           </serial>
                        </devices>
または、クライアント接続を待機している TCP サーバーとして機能します。
                        <devices>
                           <serial type="tcp">
                              <source mode="bind" host="127.0.0.1" service="2445"/>
                              <protocol type="raw"/>
                              <target port="1"/>
                           </serial>
                        </devices>
または、raw の TCP の代わりに telnet を使用できます。また、telnets (セキュアな telnet) および tls も使用できます。
                        <devices>
                           <serial type="tcp">
                              <source mode="connect" host="0.0.0.0" service="2445"/>
                              <protocol type="telnet"/>
                              <target port="1"/>
                           </serial>
                           <serial type="tcp">
                              <source mode="bind" host="127.0.0.1" service="2445"/>
                              <protocol type="telnet"/>
                              <target port="1"/>
                           </serial>
                        </devices>
UDP ネットワークコンソールキャラクターデバイスは UDP netconsole サービスとしてパケットの送受信を行います。これは不可逆のサービスです。
                        <devices>
                           <serial type="udp">
                              <source mode="bind" host="0.0.0.0" service="2445"/>
                              <source mode="connect" host="0.0.0.0" service="2445"/>
                              <target port="1"/>
                           </serial>
                        </devices>
UNIX ドメインソケットクライアント/サーバーキャラクターデバイスは、UNIX ドメインソケットサーバーとして機能し、ローカルクライアントからの接続を受け入れます。
                        <devices>
                           <serial type="unix">
                              <source mode="bind" path="/tmp/foo"/>
                              <target port="1"/>
                           </serial>
                           </devices>