11.2.3. QEMU ゲストエージェントの使用

QEMU ゲストのエージェントプロトコル (QEMU GA) パッケージである qemu-guest-agent は Red Hat Enterprise Linux 6.5 以降で完全にサポートされています。ただし、isa-serial/virtio-serial トランスポートに関する以下の制限があります。
  • qemu-guest-agent は、クライアントがチャンネルに接続しているかどうかを検出できません。
  • qemu-guest-agent がバックエンドとの接続を切断したかまたは再接続したかをクライアントは検出できません。
  • virtio-serial デバイスがリセットされ、qemu-guest-agent がチャネルに接続されなくなった場合 (通常は再起動またはホットプラグによって引き起こされる)、クライアントからのデータはドロップされます。
  • virtio-serial デバイスがリセットされてから qemu-guest-agent がチャネルに接続されると、qemu-guest-agent がまだ実行中かまたは接続されているかどうかにかかわらず、クライアントからのデータはキューに入れられます (さらに使用可能なバッファーが消費されると、スロットリングされます)。