Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

19.5. 隔離モード

隔離モード を使用する場合、仮想スイッチに接続されているゲスト同士の通信およびホスト物理マシンとの通信は可能ですが、トラフィックはホスト物理マシンの外側へは通過していきません。また、ホスト物理マシンの外側からのトラフィックを受け取ることもできません。このモードで dnsmasq を使用するには、 DHCP などの基本的な機能が必要になります。ただし、このネットワークを物理的なネットワークと切り離しても、 DNS 名の解決は行われます。したがって、DNS 名は解決できるのに ICMP エコー要求 (ping) のコマンドは失敗するといった状況になる可能性があります。
隔離モードの仮想ネットワークスイッチ

図19.6 隔離モードの仮想ネットワークスイッチ