13.8.3. 仮想マシンが vHBA LUN を使用するよう設定する

vHBA のストレージプールを作成したら、vHBA LUN を仮想マシンの設定に追加します。
  1. 利用可能な LUN を探す

    まず、virsh vol-list コマンドを使用して、vHBA 上で利用可能な LUN を一覧表示します。
    # virsh vol-list vhbapool_host3
     Name                 Path                                    
    ------------------------------------------------------------------------------
     unit:0:4:0           /dev/disk/by-path/pci-0000:10:00.0-fc-0x5006016844602198-lun-0
     unit:0:5:0           /dev/disk/by-path/pci-0000:10:00.0-fc-0x5006016044602198-lun-0
    表示された LUN 名の一覧は、仮想マシン設定内でディスクボリュームとして使用できます。
  2. vHBA LUN を仮想マシンに追加する

    仮想マシンの XML で以下を指定して、vHBA LUN を仮想マシンに追加します。
    • <disk> パラメーターでデバイスタイプを lun または disk に指定します。
    • さらに、ソースデバイスを <source> パラメーターで指定します。これは、/dev/sdaN とするか、/dev/disk/by-path|by-id|by-uuid|by-label 内の udev が生成したシンボリックリンクとすることができます。virsh vol-list pool コマンドを実行するとこれが見つかります。
    以下に例を示します。
       <disk type='block' device='lun'>
         <driver name='qemu' type='raw'/>
         <source dev='/dev/disk/by-path/pci-0000\:04\:00.1-fc-0x203400a0b85ad1d7-lun-0'/>
         <target dev='sda' bus='scsi'/>
       </disk>