第2章 サーバーのベストプラクティス

Red Hat Enterprise Linux ホストのパフォーマンスを強化する場合に次のような作業やヒントが役に立ちます。その他のヒントについては、『Red Hat Enterprise Linux 仮想化のチューニングと最適化ガイド』 を参照してください。
  • enforcing モードで SELinux を実行します。 setenforce コマンドを使って enforcing モードで SELinux が実行するよう設定します。
    # setenforce 1
  • 不必要なサービスはすべて削除するか、または無効にします (AutoFSNFSFTPHTTPNIStelnetdsendmail など)。
  • サーバー上にはプラットフォームの管理に必要な最低限のユーザーアカウントのみを追加します。不必要なユーザーアカウントは削除してください。
  • ホストでは不必要なアプリケーションは実行しないようにしてください。ホストでアプリケーションを実行すると仮想マシンのパフォーマンスに影響を与えるため、サーバーの安定性に影響を与える可能性があります。サーバーをクラッシュさせる可能性のあるアプリケーションは、サーバー上のすべての仮想マシンをダウンさせてしまう原因ともなります。
  • 仮想マシンのインストールおよびイメージを集中管理できる場所を使用します。仮想マシンのイメージは /var/lib/libvirt/images/ に格納してください。仮想マシンのイメージをこれ以外のディレクトリーに格納する場合は、そのディレクトリーを SELinux ポリシーに追加し、インストールを開始する前にラベルの付け直しを必ず行ってください。集中管理のできる共有可能なネットワークストレージの使用を強くお勧めします。