Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.2. 用語

本セクションでは、本章全体で使用される用語を説明します。
  • libguestfs (Guest file system library) - ディスクイメージを開いたり、ファイルを読み書きしたりするために使用される基本的な機能を提供する C ライブラリーです。この API に直接 C プログラムを書くことができますが、それはかなり低レベルです。
  • guestfish (Guest file system interactive shell) は、コマンドラインまたはシェルスクリプトから使用できる対話式のシェルです。これは、libguestfs API のすべての機能を公開します。
  • さまざまな virt ツールが libguestfs の上に構築され、コマンドラインから特定の 1 つのタスクを実行する方法を提供します。ツールには、virt-dfvirt-rescuevirt-resize、および virt-edit が含まれます。
  • hivexAugeas は、それぞれ Windows レジストリーと Linux 設定ファイルを編集するためのライブラリーです。これらは libguestfs とは別のものですが、libguestfs の価値の多くは、これらのツールの組み合わせに由来します。
  • guestmount は、libguestfs と FUSE との間のインターフェースです。これは、主に、ホストの物理マシンのディスクイメージからファイルシステムをマウントするために使用されます。この機能は必須ではありませんが、便利です。