Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

17.2. 用語について

ここでは本章で使用されている用語について説明します。
  • libguestfs (GUEST FileSystem LIBrary) は基礎となる C ライブラリーです。ディスクイメージを開く、ファイルの読み込みや書き込みを行う場合などに基本的な機能を提供します。この API に対して C プログラムを直接記述することができますが、かなり低いレベルになります。
  • guestfish (GUEST Filesystem Interactive SHell) はインテラクティブなシェルです。コマンドラインまたはシェルスクリプトで使用することができます。libguestfs API のすべての機能を公開します。
  • libguestfs の上に各種の virt ツールがビルドされています。コマンドラインから単一の作業を行うことができるツールになります。ツールには virt-dfvirt-rescuevirt-resizevirt-edit などがあります。
  • hivexAugeas は、それぞれ Windows Registry と Linux 設定ファイルを編集するためのライブラリーになります。これらは libguestfs とは別のライブラリーですが、libguestfs の値の多くはこれらのツールの組み合わせで構成されます。
  • guestmount は、libguestfs と FUSE をつなぐインターフェースになります。主にホスト物理マシン上のディスクイメージからファイルシステムをマウントするために使用されます。この機能は必須ではありませんが、便利な機能になります。