Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

21.2.3. カーネルからの直接起動

新規ゲスト仮想マシンの OS をインストールする際に、ホスト物理マシン OS に格納されるカーネルと initrd から直接起動することが役立つ場合が多くあります。これにより、コマンドライン引数がインストーラーに直接渡されます。この機能は通常、準仮想化および完全仮想化ゲスト仮想マシンで利用できます。

  ...
  <os>
    <type>hvm</type>
    <loader>/usr/lib/xen/boot/hvmloader</loader>
    <kernel>/root/f8-i386-vmlinuz</kernel>
    <initrd>/root/f8-i386-initrd</initrd>
    <cmdline>console=ttyS0 ks=http://example.com/f8-i386/os/</cmdline>
    <dtb>/root/ppc.dtb</dtb>
  </os>
  ...

図21.4 カーネルからの直接起動

ドメイン XML のこのセクションを構成するコンポーネントは以下の通りです。

表21.4 カーネルから直接起動するための要素

要素説明
<type>BIOS ブートのセクションの説明と同様です。
<loader>BIOS ブートのセクションの説明と同様です。
<kernel>ホスト物理マシン OS のカーネルイメージへの完全修飾パスを指定します。
<initrd>ホスト物理マシン OS の (オプションの) ramdisk イメージへの完全修飾パスを指定します。
<cmdline>起動時にカーネル (またはインストーラー) に渡される引数を指定します。これは、多くの場合、代替プライマリーコンソール (例: シリアルポート)、またはインストールメディアソース/キックスタートファイルを指定するために使用されます。