Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.2.3. ダイレクトカーネルブート

新しいゲスト仮想マシン OS をインストールする場合、ホスト物理マシン OS に格納されているカーネルと initrd から直接起動して、コマンドライン引数をインストーラーに直接渡すことができると便利なことがよくあります。この機能は通常、準仮想化ゲスト仮想マシンと完全仮想化ゲスト仮想マシンの両方で使用できます。

図20.4 ダイレクトカーネルブート


  ...
  <os>
    <type>hvm</type>
    <loader>/usr/lib/xen/boot/hvmloader</loader>
    <kernel>/root/f8-i386-vmlinuz</kernel>
    <initrd>/root/f8-i386-initrd</initrd>
    <cmdline>console=ttyS0 ks=http://example.com/f8-i386/os/</cmdline>
    <dtb>/root/ppc.dtb</dtb>
  </os>
  ...
ドメイン XML のこのセクションのコンポーネントは以下のとおりです。

表20.4 ダイレクトカーネルブート要素

要素説明
<型>BIOS ブートのセクションで説明されているものと同じです。
<loader>BIOS ブートのセクションで説明されているものと同じです。
<kernel>ホスト物理マシン OS のカーネルイメージへの完全修飾パスを指定します
<initrd>ホスト物理マシンの OS の (任意) ramdisk イメージへの完全修飾パスを指定します。
<cmdline>システムの起動時にカーネル (またはインストーラー) に渡される引数を指定します。これは、代替のプライマリーコンソール (シリアルポートなど)、またはインストールメディアソース/キックスタートファイルを指定するためによく使用されます