Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

20.9. ブロック I/O チューニング

図20.11 ブロック I/O チューニング


<domain>
  ...
  <blkiotune>
    <weight>800</weight>
    <device>
      <path>/dev/sda</path>
      <weight>1000</weight>
    </device>
    <device>
      <path>/dev/sdb</path>
      <weight>500</weight>
    </device>
  </blkiotune>
  ...
</domain>
すべてオプションですが、ドメイン XML のこのセクションのコンポーネントは次のとおりです。

表20.8 ブロック I/O チューニング要素

要素説明
<blkiotune>このオプション要素は、ドメインの blkio cgroup 調整可能パラメーターを調整する機能を提供します。これを省略すると、デフォルトで OS が提供するデフォルトになります。
<weight>この任意の weight 要素は、ゲスト仮想マシンの全体的な I/O ウェイトです。この値は、100 - 1000 の範囲で指定してください。
<device>ドメインには、ドメインが使用している各ホスト物理マシンブロックデバイスのウェイトをさらに調整する複数の<device>要素が含まれる場合があります。複数のゲスト仮想マシンのディスクが、1 つのホストの物理マシンブロックデバイスを共有できることに注意してください。また、このパラメーターは、同じホストの物理マシンファイルシステム内のファイルでバッキングされているため、各ゲスト仮想マシンのディスクデバイスに関連付けられるのではなく、グローバルドメインレベルで設定します (1 つの<disk>に適用できる <iotune> 要素との違いを確認してください)。各デバイス要素には、2 つの必須サブ要素があります。<path>はデバイスの絶対パスを表し、<weight> はそのデバイスの相対的な重みを示します。許容範囲は 100 - 1000 になります。