Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.13.2. TCP トンネルの作成

TCP のクライアント/サーバーアーキテクチャーは、仮想ネットワークを提供します。この設定では、1 つのゲスト仮想マシンがネットワークのサーバー側を提供し、その他のゲスト仮想マシンはすべてクライアントとして設定されます。すべてのネットワークトラフィックは、ゲスト仮想マシンサーバーを介してゲスト仮想マシンクライアント間でルーティングされます。このモードは、非特権ユーザーにも使用できます。このモードは、デフォルトの DNS または DHCP サポートを提供せず、送信ネットワークアクセスも提供しないことに注意してください。外部へのネットワークアクセスを提供するには、ゲスト仮想マシンの 1 つに 2 つ目の NIC が必要です。この NIC は、最初の 4 つのネットワークタイプのいずれかに接続され、適切なルーティングを提供します。
TCP トンネルを作成するには、以下の XML ディテールを <devices> 要素に配置します。

図18.29 TCP トンネルドメイン XMl の例

      
       ...
  <devices>
    <interface type='server'>
      <mac address='52:54:00:22:c9:42'>
      <source address='192.168.0.1' port='5558'/>
    </interface>
    ...
    <interface type='client'>
      <mac address='52:54:00:8b:c9:51'>
      <source address='192.168.0.1' port='5558'/>
    </interface>
  </devices>
  ...