Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.12. ストレージボリュームコマンド

本セクションでは、ストレージボリュームの作成、削除、および管理を行うすべてのコマンドを説明します。ストレージプール名または UUID が必要になるため、ストレージプールを作成したら、これを行うのが最適です。ストレージプールの詳細は、12章ストレージプール を参照してください。ストレージボリュームに関する情報は、13章 ボリューム を参照してください。

14.12.1. ストレージボリュームの作成

vol-create-from pool-or-uuid file --inputpool pool-or-uuid vol-name-or-key-or-path コマンドは、コンテンツのテンプレートとして別のストレージボリュームを使用して、ストレージボリュームを作成します。このコマンドは、ボリュームを作成するストレージプールの名前または UUID である pool-or-uuid を必要とします。
file 引数は、ボリューム定義を含む XML ファイルとパスを指定します。--inputpool pool-or-uuid オプションは、ソースボリュームが含まれるストレージプールの名前または uuid を指定します。vol-name-or-key-or-path 引数は、ソースボリュームの名前またはキーまたはパスを指定します。一部の例については、「ボリュームの作成」 を参照してください。
vol-create-as コマンドは、一連の引数からボリュームを作成します。pool-or-uuid 引数は、ボリュームを作成するストレージプールの名前または UUID を含みます。
vol-create-as pool-or-uuid name capacity --allocation <size> --format <string> --backing-vol <vol-name-or-key-or-path> --backing-vol-format <string>
name は、新しいボリュームの名前です。capacity は、作成されるボリュームのサイズであり、スケーリングされた整数であり、接尾辞がない場合はデフォルトでバイトになります。--allocation <size> は、ボリュームに割り当てられる初期サイズであり、デフォルトでバイトにスケーリングされた整数としても使用されます。--format <string> は、ファイルベースのストレージプールで使用され、コンマで区切られた許容可能な形式の文字列であるボリュームファイル形式を指定します。使用可能な形式には、rawbochsqcowqcow2vmdk--backing-vol vol-name-or-key-or-path は、既存のボリュームのスナップショットを作成する場合に使用されるソースバッキングボリュームです。--backing-vol-format string は、スナップショットバッキングボリュームのフォーマットであり、コンマで区切られたフォーマットのストリングです。許可される値は、rawbochsqcowqcow2、、vmdk、および host_device です。ただし、これはファイルベースのストレージプールのみを対象としています。

14.12.1.1. XML ファイルからのストレージボリュームの作成

vol-create pool-or-uuid file は、保存された XML ファイルからストレージボリュームを作成します。このコマンドには、ボリュームが作成されるストレージプールの名前または UUID である pool-or-uuid も必要です。file 引数には、ボリューム定義の XML ファイルを含むパスが含まれています。XML ファイルを作成する簡単な方法は、vol-dumpxml コマンドを使用して既存のボリュームの定義を取得し、それを変更してから保存してから、vol-create を実行することです。
virsh vol-dumpxml --pool storagepool1 appvolume1 > newvolume.xml
virsh edit newvolume.xml
virsh vol-create differentstoragepool newvolume.xml
使用可能なその他のオプションは以下のとおりです。
  • --inactive オプションは、非アクティブなゲスト仮想マシン (つまり、定義されているが現在アクティブではないゲスト仮想マシン) を一覧表示します。
  • --all オプションは、すべてのゲスト仮想マシンを一覧表示します。

14.12.1.2. ストレージボリュームのクローンの作成

vol-clone --pool pool-or-uuid vol-name-or-key-or-path name コマンドは、既存のストレージボリュームのクローンを作成します。vol-create-from も使用できますが、ストレージボリュームのクローンを作成する方法としてはお勧めしません。--pool pool-or-uuid オプションは、ボリュームを作成するストレージプールの名前または UUID です。vol-name-or-key-or-path 引数は、ソースボリュームの名前またはキーまたはパスです。name 引数を使用すると、新しいボリュームの名前を参照します。