Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.3. Hyper-V ハイパーバイザーでのゲスト仮想マシンとしての Red Hat Enterprise Linux の実行

Microsoft Windows Hyper-V ハイパーバイザーを実行する Microsoft Windows ホストの物理マシンで Red Hat Enterprise Linux ゲスト仮想マシンを実行できます。特に、Red Hat Enterprise Linux ゲスト仮想マシンのデプロイおよび管理を容易にするために、以下の機能拡張が追加されました。
  • VMBUS プロトコルのアップグレード - VMBUS プロトコルが Windows 8 レベルにアップグレードされました。この作業の一環として、ゲストで利用可能な全仮想 CPU で VMBUS 割り込みを処理できるようになりました。さらに、Red Hat Enterprise Linux ゲスト仮想マシンと Windows ホストの物理マシン間のシグナルプロトコルが最適化されています。
  • 合成フレームバッファードライバー - Red Hat Enterprise Linux デスクトップユーザー向けのグラフィックパフォーマンスと優れた解決策を提供します。
  • ライブ仮想マシンのバックアップサポート: ライブの Red Hat Enterprise Linux ゲスト仮想マシンの中断のないバックアップサポートをプロビジョニングします。
  • 固定サイズの Linux VHD 動的拡張 - ライブマウントされた固定サイズ Red Hat Enterprise Linux VHD の拡張を可能にします。
詳細については、Windows Server 2012R2Hyper-V での Linux サポートの有効化 を参照してください。
注記
Hyper-V ハイパーバイザーは、ユーザーがディスクの未使用の最後の部分をドロップできるようにすることで、最後のパーティションの後に空き領域がある場合に、Red Hat Enterprise Linux ゲストの GPT パーティションディスクの縮小をサポートします。ただし、この操作はディスク上のセカンダリー GPT ヘッダーをサイレントに削除します。これにより、ゲストがパーティションテーブルを調べるときにエラーメッセージが生成される場合があります (たとえば、parted を使用してパーティションテーブルを印刷する場合)。これは Hyper-V の既知の制限です。回避策として、gdisk のエキスパートメニューと e コマンドを使用して、GPT ディスクを縮小した後にセカンダリー GPT ヘッダーを手動で復元することができます。さらに、Hyper-V マネージャーで展開オプションを使用すると、GPT セカンダリーヘッダーもディスクの端以外の場所に配置されますが、これは parted を使用して移動できます。これらのコマンドの詳細については、gdisk および parted の man ページを参照してください。