Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.12.11. 高度なフィルター設定のトピック

次のセクションでは、高度なフィルター設定のトピックについて説明します。

18.12.11.1. 接続追跡

ネットワークフィルターサブシステム (Linux の場合) は、IP テーブルの接続追跡サポートを利用します。これにより、ネットワークトラフィックの方向を強制 (状態の一致) したり、ゲスト仮想マシンへの同時接続数をカウントして制限したりできます。たとえば、ゲスト仮想マシンで TCP ポート 8080 がサーバーとして開いていると、クライアントはポート 8080 でゲスト仮想マシンに接続できます。接続の追跡と方向の強制により、ゲスト仮想マシンが (TCP クライアント) ポート 8080 からホスト物理マシンへの接続を開始して、リモートホスト物理マシンに戻らないようにします。さらに重要なのは、トラッキングにより、リモートの攻撃者がゲスト仮想マシンへの接続を確立できないようにすることです。たとえば、ゲスト仮想マシン内のユーザーが攻撃者サイトのポート 80 への接続を確立すると、攻撃者は TCP ポート 80 からゲスト仮想マシンへの接続を開始できなくなります。デフォルトでは、接続追跡を有効にした後にトラフィックの方向を強制する接続状態一致が有効になります。

例18.9 TCP ポートへの接続を無効にするなどの XML

以下は、TCP ポート 12345 への着信接続でこの機能が無効になっている XML フラグメントの例を示しています。
   [...]
    <rule direction='in' action='accept' statematch='false'>
      <cp dstportstart='12345'/>
    </rule>
   [...]
これにより、TCP ポート 12345 への着信トラフィックが許可されるようになりましたが、仮想マシン内の (クライアント) TCP ポート 12345 からの開始も有効になります。これは望ましい場合とそうでない場合があります。