Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

第22章 トラブルシューティング

この章では、Red Hat Enterprise Linux 6 の仮想化における一般的な問題とその解決策について解説しています。
この章は、仮想化技術に関連したいくつかの一般的な問題の理解を深めるために役立ちます。トラブルシューティングには、書籍から学ぶには難しい実践や経験が必要になります。 Red Hat Enterprise Linux 6 で仮想化の実験や検証を行ないトラブルシューティングの技能を磨くことをお勧めします。
本ガイドで解決できない問題については、仮想化コミュニティーのサイトで答えを見つけることができる場合があります。Linux 仮想化のウェブサイト一覧については 「オンラインリソース」 をご覧ください。

22.1. デバッグおよびトラブルシューティングのツール

このセクションは、システム管理者用のアプリケーション、ネットワーク構築用のユーティリティー、デバッグ用のツールなどを簡単に説明します。こうした標準的なシステム管理用ツールやログを活用してトラブルシューティングに役立ててください。
  • kvm_stat - 「kvm_stat」 を参照してください。
  • trace-cmd
  • ftraceRed Hat Enterprise Linux 開発者ガイド』 を参照してください。
  • vmstat
  • iostat
  • lsof
  • systemtap
  • crash
  • sysrq
  • sysrq t
  • sysrq w
仮想化ネットワーク関連の問題を解決する場合に次のようなツールが役立ちます。
  • ifconfig
  • tcpdump
    tcpdump コマンドは、ネットワークパケット関連の問題を感知します。ネットワーク認証における問題や異常の発見に役立ちます。tcpdump には、wireshark という名前のグラフィカルバージョンもあります。
  • brctl
    brctl は、Linux カーネル内のイーサネットブリッジ構成を検査して設定するネットワーキングツールです。次の例で使用しているコマンドを実行する場合は、まず root のアクセス権を取得しておく必要があります。
    # brctl show 
    bridge-name    bridge-id          STP  enabled  interfaces  
    -----------------------------------------------------------------------------
    virtbr0             8000.feffffff       yes        eth0
    
    # brctl showmacs virtbr0 
    port-no           mac-addr                  local?       aging timer
    1                 fe:ff:ff:ff:ff:           yes            0.00
    2                 fe:ff:ff:fe:ff:           yes            0.00
    # brctl showstp virtbr0
    virtbr0 
    bridge-id              8000.fefffffffff
    designated-root        8000.fefffffffff
    root-port              0                   path-cost             0
    max-age                20.00               bridge-max-age        20.00
    hello-time             2.00                bridge-hello-time     2.00
    forward-delay          0.00                bridge-forward-delay  0.00
    aging-time            300.01
    hello-timer            1.43                tcn-timer             0.00
    topology-change-timer  0.00                gc-timer              0.02
他にも仮想化に関する問題の解決に役立つコマンドの一覧を以下に示します。
  • strace は、受信したり、 別のプロセスで使用されたシステムコールやイベントを追跡するコマンドです。
  • vncviewerは、サーバーまたは仮想マシン上で実行している VNC サーバーへの接続を行います。 yum install vnc コマンドを使用して、vncviwer をインストールします。
  • vncserverは、サーバーでリモートのデスクトップを開始します。リモートセッションにより virt-manager などのグラフィカルユーザーインターフェースを使用することができるようになります。 yum install vnc-server コマンドを使用して、vncserver をインストールします。