Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.15. virsh を使用したゲスト仮想マシンの移行

virshを使用した移行に関する情報は、「Live KVM Migration with virsh」というタイトルのセクションにあります。「virsh を使用した KVM のライブ移行」 を参照してください。

14.15.1. インターフェースコマンド

以下のコマンドはホストインターフェースを操作するため、ゲスト仮想マシンからは実行しないでください。これらのコマンドは、ホストの物理マシンにある端末から実行する必要があります。
警告
本セクションのコマンドは、マシンで NetworkManager サービスが無効になっており、代わりに network サービスを使用している場合に限りサポートされます。
多くの場合、このようなホストインターフェースは、ドメインの <interface> 要素 (システムが作成したブリッジインターフェースなど) 内で名前で使用できますが、ホストインターフェースが特定のゲスト設定 XML と完全に関連付けられる必要はありません。ホストインターフェイスのコマンドの多くは、ドメインに使用されるコマンドと似ており、インターフェイスに名前を付ける方法は、名前または MAC アドレスのいずれかです。ただし、iface オプションに MAC アドレスを使用する場合、そのアドレスが一意である場合にのみ機能します (多くの場合、インターフェースとブリッジが同じ MAC アドレスを共有しており、その場合、その MAC アドレスを使用すると曖昧さによりエラーが発生し、代わりに名前を使用する必要があります)。

14.15.1.1. XML ファイルを使用したホストの物理マシンインターフェースの定義および起動

virsh iface-define file コマンドは、XML ファイルからホストインターフェースを定義します。このコマンドはインターフェースのみを定義し、起動はしません。
virsh iface-define iface.xml
定義済みのインターフェースを起動する場合は、iface-start interface を実行します。interface は、インターフェースの名前になります。

14.15.1.2. ホストインターフェースの XML 設定ファイルの編集

コマンド iface-edit interface は、ホストインターフェースの XML 設定ファイルを編集します。これは、XML 設定ファイルを変更する際に推奨される 唯一 の方法です。(これらのファイルについての詳細は、20章ドメイン XML の操作 を参照してください。)

14.15.1.3. アクティブなホストインターフェイスの一覧表示

iface-list --inactive --all は、アクティブなホストインターフェイスのリストを表示します。--all が指定されている場合、このリストには、定義されているが非アクティブなインターフェースも含まれます。--inactive を指定すると、非アクティブのインターフェースのみが一覧表示されます。

14.15.1.4. MAC アドレスのインターフェース名への変換

iface-name interface コマンドは、MAC アドレスがホストのインターフェイス間で一意である場合に、ホストインターフェイスの MAC をインターフェイス名に変換します。このコマンドには、インターフェースの MAC アドレスである interface が必要です。
iface-mac interface コマンドは、ホストのインターフェース名を MAC アドレスに変換します。この場合、interface がインターフェース名になります。

14.15.1.5. 特定のホスト物理マシンインターフェイスを停止する

virsh iface-destroy interface コマンドは、指定したホストインターフェースを破壊 (停止) します。これは、ホストで if-down を実行するのと同じです。このコマンドは、そのインターフェースのアクティブな使用を無効にし、すぐに有効にします。
インターフェースの定義を解除する場合は、インターフェース名を指定して iface-undefine interface コマンドを実行します。

14.15.1.6. ホスト設定ファイルの表示

virsh iface-dumpxml interface --inactive は、ホストインターフェースの情報を、stdout への XML ダンプとして表示します。--inactive オプションを指定すると、出力には、次回起動したときに使用されるインターフェースの永続的な状態が反映されます。

14.15.1.7. ブリッジデバイスの作成

iface-bridge は、bridge という名前のブリッジデバイスを作成し、既存のネットワークデバイス interface を新しいブリッジに割り当てます。この新しいブリッジはすぐに機能し、STP が有効になり、遅延は 0 になります。
# virsh iface-bridge interface bridge --no-stp delay --no-start
これらの設定は、-no-stp、-no-start、および遅延の整数秒数で変更できることに注意してください。インターフェースのすべての IP アドレス設定は、新しいブリッジデバイスに移動します。ブリッジの破棄に関する情報は、「ブリッジデバイスの破損」 を参照してください。

14.15.1.8. ブリッジデバイスの破損

iface-unbridge bridge --no-start コマンドは、指定したブリッジデバイス bridge を削除し、その基盤となるインターフェースを通常の使用に戻し、すべての IP アドレスの設定をブリッジデバイスから基盤となるデバイスに移動します。--no-start オプションを使用しない限り、基本となるインターフェースが再起動しますが、通常は再起動しないことを念頭に置いてください。ブリッジの作成に使用するコマンドは、「ブリッジデバイスの作成」 を参照してください。

14.15.1.9. インターフェーススナップショットの操作

iface-begin コマンドは、現在のホストインターフェイス設定のスナップショットを作成します。このスナップショットは、後でコミット (iface-commit を使用) または復元 (iface-rollback) できます。スナップショットがすでに存在する場合は、以前のスナップショットがコミットまたは復元されるまで、このコマンドは失敗します。スナップショットの作成時と、その最終的なコミットまたはロールバックの間に、libvirt API 外でホストインターフェースに外部変更が加えられると、定義されていない動作が発生します。
iface-commit を実行して、前回の iface-begin 以降に加えた変更をすべて動作として宣言し、ロールバックポイントを削除します。iface-begin を介してインターフェイススナップショットがまだ開始されていない場合、このコマンドは失敗します。
iface-rollback を使用して、ホストインターフェースの設定を、iface-begin コマンドの最終実行時を記録した状態に戻します。iface-begin コマンドが以前に実行されていなかった場合、iface-rollback は失敗します。ホスト物理マシンの再起動は、暗黙のロールバックポイントとしても機能することに注意してください。